人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ドキュメンタリーの現場から



「天山蜜に挑む~蜂客6000キロの旅」
 (2004年9月23日放送)

 蜂蜜の生産量では中国は世界一だ。外貨獲得に一役かっている。この蜂蜜産業を支えるのは蜂客(ほうか)と呼ばれる人々だ。中国の秘境天山山脈。ここの花畑で採れる蜂蜜の品質は世界でも一品だと言われる。
蜂客たちは巣箱と家財をかかえ天山を目指して何千キロも旅をする。ひと山あてれば巨富を手に入れることができるからだ。
 物語の主人公祝さん父子。二人は百の巣箱とテントをもって6000キロの旅に出る。途中、列車の遅延、トラックの不手際、追い立て、置き去りなど苦難を乗り越えて、天山の現地にたどり着く。ここまでで番組は70分経過している。それなりに面白いが、見るほうとしては天山蜜とはどんなもので、どのような地形で採られるのか、蜂と蜜に関心をもつのだが、番組は父子の旅中心で展開する。不満に思って副題を見ると、蜂客6000キロの旅とある。たしかに看板に偽りはない。
 旅は貧相で人のいい父小林と高校を中退したやんちゃな息子良剣の弥次喜多道中。これはこれでなかなかいい。苦労をこえて旅先から母にあてて息子は手紙を書く場面。息子のいい表情に好感をもつ。制作者のまなざしは優しい。
物語の「本題」は天山の現地に到着してから動き出す。蜂の種類によって蜜の稼ぎ方が違ったり、花に薬草が混じった蜜は味がひときわ違ったりして、内部の者にしか知らない深い話となっていく。
 ところが残念なことに映像では味の違いが分からない。普通の蜜とは違う天山蜜。それはかすかに薬草の味と香りを秘め、高い糖度で後を引く味だという。蜜の豊かさは緑がかった黄金色の映像で分かったが、その味、風味が分からない。観客としては感動を得にくい。この「味」を映像化できれば相当面白い番組になったと思うが、ある限界に止まっている。無理難題かもしれないが、映像制作者というのはあらゆるものの映像化を考える存在でなければならない。
 結末は祝さん父子にとって厳しいものとなった。天山行きは失敗となり巣箱すべてを売り払うことになるのだ。この苦い状況をカメラはじっと見つめている。その腰の据わり方には敬意を表したい。
 ハイビジョンの番組だから110分でも長くはないということかもしれないが、観客の立場から言えば45分サイズしてくれたら、もっと楽しめるのになあと思った。
 カメラはいい。飽きさせない画の組み立てもよかった。ナレーターに浪曲師国本武春を起用したのは分かるが、意外なぐらい普通の読み方であった。
ドキュメンタリーの現場から_c0048132_1805654.jpg

天山への道

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-03-14 17:50 | 2004年度ドキュメンタリーの現場 | Comments(1)
Commented by KOH at 2007-10-18 04:42 x
再放送も見ました。そして録画には失敗しました(笑)。
友達に養蜂家がいるのですが、そのお母さんは泣きながら見ていたそうです。
受信料払ってもいいなと思える番組でした。
ちなみに私も趣味でミツバチを飼っています。
<< 尺と枠② 番組の内容を規定する尺と枠 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧