人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

無事にお勤めを終え

無事にお勤めを終え

13日の金曜日、検査入院をした。この一ヶ月、トイレがかなり近くなっていた。シンヤマさんが親切にも専門医に見てもらうべきと強く勧めていただいたので、PSAのマーカーを調べると、半年前よりやや数値が上がっていた。それで、代々木の大学病院で一泊の生検となった。
一応、細胞の一部を切り取って検査をするので部分麻酔をかける。そして予後の観察ということも必要ということで宿泊入院となったのだ。この生検は一応オペ(手術)と称する。

 久しぶりの入院は新鮮だった。特に夜の病棟はこんなに多忙なものだというのは、体験しなければ理解できないものであったろう。私が入った4階には20室、個室、大部屋が並び、患者はおよそ30名ほど。そこを、3人の宿直看護士が見守っている。患者の枕元にはナースコールのブザーがある。それを押すと、宿直しているナースステーションのスピーカーに「乙女の祈り」のチャイムが流れる。
午後10時を過ぎると、頻繁に「乙女の祈り」が院内に流れるのだ。その都度、看護士さんや当番医がばたばたと駆けつける。そして、呼びかけたり励ましたりする看護士の声が聞こえて来る。その呼びかけの声に、思わず頭が下がる。

私は大部屋に入った。隣には70代の男性がいて、術後3日目ということで、10分おきにトイレに通っていた。タイヘンだなあと思いつつ、眠りに私は落ちた。
明け方、私の隣が騒がしい。どうやら、排尿に大量の出血があったようだ。応急の処置が行われる。3人のスタッフが懸命に器具を装填している。5分後、静かになった。やがて、隣から寝息が聞こえてきた。よかった。なにせ、私らの部屋は404号室、しかも13日の金曜日。

次の朝、9時に退院した。土曜日とあって病院は休日。通用口からの出入りとなる。門衛の人が詰めている側を通って出たのだが、通過するとき頭を下げると、「お勤めご苦労さまです」と声をかけられた。
なにか、高倉健になった気で外へ出ると、細かい雨が落ちていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-03-15 12:42 | Comments(0)
<< シャイな青年の変身 アルベ・デルチ(さようなら) >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧