人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

冬の星座

イタリアの旅8  

冬の星座

明け方、目が覚めた。時差ぼけということではなく、ホテルの部屋があまりに暑いので目が覚めたのだ。空調も寝る前にきっちり切っておいたはずなのにこれほど暑いというのは、最上階の部屋という構造の問題だろうか。朝になったらフロントに抗議をしようと思いながら、部屋の窓を大開にした。夜の冷気がさーっと入り込み、気持ちがいい。

しばらく窓の外を眺めていたら、夜空に無数の星がまたたいていることに気づいた。ホテルの常夜灯のせいで最初は空に星など見えなかったのだが、目を凝らしていると小さな星くずが満天に散らばっているではないか。ちょっと感動した。
こんな人口の多い都会の街中で、星座が見えるとは思いもよらなかった。ベネツィアの周りに大きな工場がないこと、海風が吹くことなどが、夜空を清掃しているのかもしれない。なにより、この町には自動車が走っていないということが大きいのだろう。

星座に強くないから、特定はできないのだが、窓の正面、北の地平線すれすれにあかく光る星があった。一目では気がつかなかったが、じーっと見ているとまたたく。一瞬、大きな光となる。何億光年も離れた星から届く光の信号が意義深く思えた。

旅愁の感傷はあるとして、旅の終わりに星座を見つめていると、さまざまなことが去来する。マルコ・ポーロの旅ほどの大きな距離をもつ遥か東の国から私はやって来て、500年も昔のユマニストたちが歩いた町を歩き、彼らの考えを追想する。げに楽しからずや。
このユマニストのいきいきした生き方を、私自身の後半生に取り込んでみたいものだ。
とはいえ、そうはいかないのが人生の面白さ、複雑さと、夜風にひとりごちる。

 ユマニストが生きた時代は「転形期」。大きな時代の流れが変化する時代であった。今、私の立つ時代はどうであろう。花田清輝の考えによれば、私たちはいつも転形期を生きているという意識にあらねばならないと指摘していた。と記憶する。そう思えば、私にも私なりの与えられた使命のようなものが、まだあるに違いない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
冬の星座_c0048132_16324454.jpg

by yamato-y | 2009-03-11 12:07 | Comments(0)
<< 空へゆく階段 ここで流れを断ち割って >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧