人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

上がったり降りたり

イタリアの旅6   ベネツィア2日目
上がったり降りたり_c0048132_12494559.jpg



 イタリアに来て初めて晴れた。窓から見えるサンマルコ寺院の尖塔の上にさわやかな青空がある。快晴である。
8時に朝食をとる。この天使館の朝飯はぞっとしない。フィレンツェのホテルメニューのほうが豪勢だった。特にパンの品数が少なく、ケーキのような菓子パンばかり。ただしエスプレッソは渋みが少なくいける。食堂から帰りがけに林檎とオレンジをいただいて帰る。本日のお昼の食糧だ。

9時、ホテルを出発。まず近所のローマ銀行で3万円をユーロに換金。また円が下がっていた。
サンマルコ広場の大きなアーケードを一周する。ベネチアンガラスの店が4、5軒あり、冷やかして歩く。やがて10時となり、サンマルコ寺院を見学し、隣のバカーレ宮殿を見る。
寺院はファサードの華やかさに比べて内部はこれといったものもない。この寺院と軒を接する宮殿のほうが壮大さといい昔を偲ばせる古色といい面白かった。ここにはティントレットをはじめてとするベネツィア派の壮大な画がそれぞれの広間に架けられている。その佇まいが往時の繁栄を示していた。画そのものは、ウフッツイに比べると劣る。大きさばかりきわだっていて、大味の紙芝居のようだ。ベロネーゼの天井画のいくつかが心に残るぐらいか。
 なによりも、ここで関心をもったのは牢獄である。戦争で捕らえられたり罪を犯したりした者を押し込めておいたといわれる、石の牢獄にはぞっとする。冷たく暗い牢獄に一生閉じ込められる苦痛を想像しただけで胸が痛い。閉所恐怖症の私には耐え難い場所。バカーレ宮殿の裁判所で裁かれた罪人はこの牢獄から隣の建物にある牢獄へ移されるとき、囚人たちが渡る橋がある。「ため息の橋」と呼ばれる。この橋は家橋で窓からちらりと外界の運河が見える。この世の見納めの風景だ。これを見て囚人たちは嘆きためいきをついたところから、この名前が付いたと案内書にはある。
その後見た、槍、刀、弓、鎧、鉄砲など武器の数々。15、6世紀の戦乱のすさまじさを味わう。城内には血生臭いものが充満している。早く、ここを脱け出したいという気になった。
12時となり、休憩をとることも兼ねて館内のカフェテリアでパンと紅茶をとる。歩きっぱなしで腹がすぐ減り、足も棒になっている。パニーニを暖めたものは値段が安いわりに美味しい。

外は晴れて爽やかな風が吹いている。大運河をはさんで対岸の地区まで歩くことにした。途中、ガラス美術品やブランドショップの高級店があちこちにある。一軒のギャラリーにはダリ、ピカソ、ミロなど二十世紀の巨匠たちのリトグラフなどを扱っていた。これはツーリスト相手の店とは思えない。この町には大金持ちが幾人も住んでいるらしい。

対岸への大きな橋を渡ると、そこにはアカデミア博物館。一人12ユーロと料金は高いが払って中に入る。最初の部屋は延々とイコンが並ぶ。あてが外れたかと思っていたら、ジョルジョーネの「嵐」も「聖マルコの奪還」も本物を見た。眼福である。ここでは1時間ほどで見学を終える。外へ出ると、あまりに晴れて心地よいので、運河の端まで歩くことにする。途中で水路が無数にあって、反り橋を何度も上がったり降りたりする。これが、須賀敦子『道のない旅』に記されていたベネツィアで使われる言葉の「上がったり降りたり」の語源かと、一人でほくそ笑む。

この地区の西端にある海に浮かぶ聖堂を目指して歩いていると、途中で人が出入りする瀟洒な屋敷があった。何だろうと思って庭先まで入ると、美しいモダンなガラス張りの建物があって「uscita(出口)」 と表札が出ている。受付まで行って建物の名前を調べると、「グッゲンハイム現代美術館」であった。この名前はニューヨークの名所として知ってはいるが、このベネツィアになぜ支所のようなものがあるのだろう。グッゲンハイムという名前からしてもイタリア関係者とは思えないし。でも宗教画ばかり見ていささか食傷気味だったので、現代絵画でも見ようということにした。これが大正解であった。

入ってすぐにシュルレアリズムの巨匠たちの作品が並んでいるではないか。特にマックス・エルンストの大きな作品が二つもあるのには驚いた。解説によれば、このコレクションのオーナー、ペギー・グッゲンハイムはかつてエルンストと結婚していたことがあると書かれてある。あのシュルレアリズムの大立者と懇意なオーナーとあれば、他の作品も期待できる。すると、ピカソ、ミロ、タンギー、ジャコメッティ、ポラック、ポール・デルボー、クレー、シャガール、モンドリアン、カンディンスキーなどなど綺羅星のごとき作家の作品、しかも代表作がずらりと並んでいた。狂喜乱舞の思いで画の前に立つ。足が棒になっていることも苦にならない。
キリコの初期作品「赤い塔」があった。形而上絵画といわれる不可思議な世界。初めてその作品に出会った。おそらく、これからキリコについて調べたくなるのではないか、そんな予感をこの画から受けた。
最後に、マグリットの「光の帝国」の100号ほどの作品を超間近で見ることが出来たのは幸せだった。あらためて、これはプリントや写真とは関係のない、手書きの作品と知って、その闇と光の鎮まる帝国に陶然とした。

外へ出ると、風が吹いていた。緑がいちだんと美しい。一刻も早く波光きらめく海がみたいと思った。大運河の見えるところまで急ぎ足で水路を越える。また上がったり降りたり。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
上がったり降りたり_c0048132_1249337.jpg

by yamato-y | 2009-03-10 12:29 | Comments(0)
<< ゲットー(ユダヤ人の町) ベネツィアの宿 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧