人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ユーロスターに揺られて

イタリアの旅4  ユーロスターに揺られて

10時37分、フィレンツェ発ボローニャ経由ベネツィア行きに乗った。特急で全席指定だから安心だ。ほぼ定刻に列車はホームを離れた。フィレンツェの町が小雨に煙っている。ボックス席の窓際に座ったから撮影するのにちょうどいい。遠ざかる町をファインダー越しに眺めた。

列車はどうやらイタリア半島の脊梁を横切っていくようだ。ずっと山間地が続く。景色が単調となる。さらにトンネルも多い。見るものがほとんどない。

今離れてきたフィレンツェのことを考える。15世紀から16世紀にかけて、あの小さな町に世紀に一人か二人という大天才が二桁の数で出現したという事実をどう考えたらいいのだろうか。超越した存在からの思し召しというものなのだろうか。それとも超越した働きとしての歴史がなせる業なのだろうか。二十世紀にバルセロナの町がピカソやダリという天才を生んだことがあったが、15世紀フィレンツェの場合、その数十倍の規模で歴史を動かす人々を輩出している。そういえば、アテネ全盛の頃にはソクラテス、プラトン、アリストテレスという逸材が多少の時間のずれを含みながらあったという事実。歴史的な人物というのはグループで登場することがあるような気がしてならない。

ギリシア文明の上にローマ文化が重なり、さらにキリスト教文明が1000年も覆いかぶさっていた中世。その権力が腐乱して瘡蓋のようになっている状態を突き崩すように、フィレンツェのリベラルな精神が動き出した。なぜ、そんなことが可能になったのか。ある人は先駆けとして聖フランチェスコの「清貧」という考えに注目していたが、いささか文学的過ぎないのではないか。通商による富の蓄積、ローマとはやや離れた地政学的位置。いろいろなファクターが奇しくも縒り合わさって、ルネサンスの曙を準備していったと思う。

文学といえばダンテの出現が大きい。『神曲』でも大きな動機となる永遠の女性ベアトリーチェとの出会い。それは、あのアルノ川に架かるベッキオ橋の上でのことであったという。昨日もその橋を渡ったが、そういう感慨はまったく起きない、金儲けの本位の宝石屋が軒を連ねる家橋に過ぎなかった。が、500年前には歴史を動かす大舞台であったのだ。

戦後、特に80年代以降は海外渡航が楽になったので、若い研究者たちが現地で学んで積み上げたルネサンス論が主軸なっているが、私たちの時代であれば、下村寅太郎や杉浦明平、花田清輝のルネサンス理論が懐かしい。帰国したら、花田の『復興期の精神』と辻邦生の『春の戴冠』を読んでみようかなと考えていたら、そろそろボローニャが近づいたようだ。隣に座っていた学生らしい若者が降りる仕度をしている。この都には世界でも最古の大学があったのだなと気づく。

それからユーロスターはパドヴァに停車して、アドリア海が見えるところまで突っ走った。終点の一つ手前メストレ駅では、日本人の学生たちがぞろぞろ降りていく。どうやら、”貧乏旅行”の学生たちの定宿は、ベネツィア島ではなく本土側にあるようだ。

メストレを出ると島に向かって長い鉄橋が続く。行く手に雨にかすむベネツィアがだんだん大きくなってくる。やがて、終着駅サンタ・ルチア駅に13時30分到着。降りた号車で待っていると、JTBの現地スタッフがやってきて、海上タクシーまで案内してくれる。

そこから大運河(カナル・グランド)を利用してサン・マルコ地区に向かう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-03-09 17:51 | Comments(0)
<< ベネツィアの宿 メメントモリ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧