人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

メメントモリ

イタリアの旅3  フィレンツェ2日目

歴史とは歴死でもある、とあらためてこのフィレンツェで思う。未明に今年の正月に亡くなった小高くんの夢をみた。病で激痩せする少しまえの彼の姿で現れた。詳細は書かないが、彼は亡くなった朋友たちのために自分も進んで仲間入りしなくてはならないと、目に涙を浮かべて訴えていた。私は思わず、「君のせいじゃないのだから、そんなに自分を責めることはないよ」と彼を抱きとめながら叫ぶ、という夢だった。

昨日は半日ウフッツイ美術館にいた。レオナルド、ラファエロ、ポッチチェルリ、ポントルモ、ヴァザーリなど素晴らしい文藝復興期の作品を心ゆくまで見た。休館日の翌日である火曜日ということもあって、会場は団体客を中心にごったがえしていたが、それは「春」や「受胎告知」など知られた作品の前だけであって、マニエリスムの作品やリッピの画の前はまばらで急かされることもなく、画を間近で味わうことができた。外は冷たい雨が降っている。それにしても祭壇画というのはなんと多くの血が流れていることか。キリスト磔刑、聖セバスチャンの殉教など死が真正面から描かれている。

3時過ぎ、美術館を出て、アルノ川対岸の丘にあるミケランジェロ公園へ向かうが、雨脚がつよく途中から引き返す。傘を差していてもトレンチコートの中まで雨がしみてきたので、ベッキオ橋たもとのカフェに入る。熱いペパーミントティを呑む。ひとまずホテルに帰って着替えをすることにした。

4時にマフラーを巻いて再び外出。橋のそばのサンタ・トリニタ教会を見学に行く。それまで、どの教会へ行っても拝観料をとられていたが、ここでは無料で、数人の信者さんたちがお祈りをしていた。それからドオーモのほうへぶらぶら歩く。中世さながらの石の家の町を歩いていると、住宅のなかに教会があり、扉を開けた。簡素なゴシックの教会であった。蝋燭の灯がゆらゆらと揺れるのなかに、磔になったキリストの像が上から垂れている。御堂のなかにも夕闇が迫っていて薄暗く、椅子に座って祭壇をじっと見る。

小さな教会を出て、そのファサ―ドを撮影していたら、隣に洒落た店があり中に入る。オリーブ油の専門店だった。めがねをかけた気の良さそうな主人が試飲をすすめてくれるので、口にふくむとうまい。お勧めのトスカーナという銘柄のオリーブオイルをカードで買う。レジ側の壁を見ると、日本のファッション誌の記事が幾枚も貼ってある。どうやら、ここは日本のファンにも知られた店のようだった。

小雨の路地を帰りながら、この町のなかに沈みこんでいる死を感じた。メディチ家をめぐる確執、ペスト、ミケランジェロの追放、サボナローラの焚刑・・・。ルネサンスの栄光の影におおくの苦悩があったということを、町の静まりから感じとることとなった。そこで「歴死」である。人々の累々たる死が重なって、歴史(死)というものはあるのだなと、当然のことを発見した。

小高ちゃんのことを夢見たのは、そういう死を考えていたからだろうか。それはあまりに短絡に過ぎるとも思えるし。そういえば昨日入った考古美術館の番外に、以前私が見た原型的な夢そのものを表すブロンズ像に出会ったのには仰天した。
2日目の写真14枚。ビデオ撮影4分半。

追:3日目の朝である。本日9時55分の電車でベネツィアに向かう予定。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-03-05 15:34 | Comments(0)
<< ユーロスターに揺られて アルノ川のほとりで >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧