人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

藤井樹ゲーム

藤井樹(いつき)ゲーム
藤井樹ゲーム_c0048132_305340.jpg



この間小樽へ行ったじゃない。すっかり岩井俊二の「Love letter」を思い出してしまい、もう一度見たいと思っていた。不思議なことにこの映画はレンタルビデオの棚から消えていて、セルしかない。思い切って4000円のDVDを買って、今夜見た。

いやあ、よかった。だいたいの物語は覚えていたのだが、沁みた。ひょっとすると、岩井作品のなかで一番いいかもしれない。中山美穂が実にいい。一度だけ実物と言葉を交わしたことがあるが、映画のなかの藤井樹は百倍いい。

映画のストーリー。神戸に住む博子は、山で死んだ恋人の藤井樹に宛てた手紙を投函した。あて先は、恋人が中学時代をおくった小樽の住所で、卒業アルバムから知って博子は天国に送ったつもりだった。ところが驚いたことに返事が届く。天国と文通が始まったのかと一瞬思う。実は同姓同名の女子に届いていたのだ。・・・・・
この物語のなかで、二人の藤井樹が図書委員に選出されることが意味をもつ。男の藤井樹は図書室の難しい本をやたら借りまくって、図書カードに自分の名前を残すのだ。数年後に後輩たちがそれに気づいて、藤井樹と記したカードを汗牛充棟のなかから探すことがゲームとなった。藤井樹ゲーム。

――ある出来事を思い出した。「世界はヒロシマを覚えているか」で大江健三郎氏のふるさとを取材したことがある。氏が松山東高時代によく通ったのはアメリカ文化センターだった。そこの英語本の図書室が氏のお気に入りの場所で、そこで「ハックルベリーの冒険」を原書で読んだことをエッセーに書いていた。

私はその場所を探した。アメリカ文化センターそのものは閉鎖され建物もなくなっていた。が、蔵書はそのまま松山市の施設に収蔵されていることを聞き込んだ。そこで、その建物に向かうと、ある地下室の大きなフロアに乱雑に雑誌や本が積まれていた。
私は半日そこにこもって「ハックルベリーの冒険」を探した。そして見つけた。どきどきしながら裏表紙についている図書借り出しカードのポケットからカードを抜いた。すると、そこに「大江健三郎」というあの独特のサインがあったのだ。30年前の記録が残っていた。私は一人で感動した。そんなことを、「Love letter」を見ながら思い出した。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
藤井樹ゲーム_c0048132_31794.jpg

by yamato-y | 2009-03-01 02:59 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 遥かなフィレンツェ懐かしきヴェ... 裏白洲次郎 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧