人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

初めの頃

初めの頃

「ヒトラーの贋札」は80回アカデミー外国語映画賞の受賞作だということで期待して見たが、つまらなかった。思わせぶりな映像と演技がハナについた。最後まで見れば仕掛けがあったのかもしれないが、物語の前半で見る気が失せた。

 ということで、映画を見るのをやめて、藤子不二雄Aの「愛・・・しりそめし頃に・・・」の4巻から6巻までを読んだ。今取材している「赤塚不二夫論」と「少年週刊誌」の番組と連関する”文献”だと思って購入した青年コミックだが、すっかり魅せられている。現在8巻まで発売されているが、すべて手にいれた。残りの7、8巻を読むのが楽しみだ。この作品は、藤子の自伝的な漫画で、これに先行する「まんが道」の青春編ともいえるものだ。

 富山から出てきた若い漫画家満賀道雄がトキワ荘に住んで、仕事とともに人生を学んで行くというビルディングスロマンだ。
漫画というメディアがどうやって発達していくかが、満賀とその友人たち、そして手塚治虫のウゴキからよく分かる。分かるという情報だけでなく、貧しい青年が志を必死で守り抜いていく姿に、ちょっぴり感動する。

自伝漫画ではあるがむろんフィクション化されていることもある。すべて事実だととらえるべきではないとは承知しているが、トキワ荘仲間のトモガキとはこうであったのだろうなあと彷彿させる。

 この漫画の節目に、詩が出て来る。藤子は詞と記しているのは、照れているからだろう。ちょっとセンチな詞がなかなかいいのだ。その詞には作者名があって、いろいろなものがある。ホイットニー、サトウ緑郎、ヨド・ハルナガ、三好徹司、白季などなど。あきらかにモジっているから、すべて藤子作だろう。
例えば、石森章太郎が長い旅に出かけてもどってきたときの場面。トキワ荘の2階から、石森が帰って来るのをみつけた満賀が叫ぶ。「おーい、石森氏が帰ってきたぞ!」仲間たちが駆けつける足元。そして玄関で出迎える。この最後のコマはロングショットで、石森の背中ごしにテラさんや満賀、赤塚の顔が並ぶ。そこに白季の詞「友帰る」が四角の吹き出しに記される。(映像でいえばナレーションのように)

帰ってきた 帰ってきた
友だちが 帰ってきた
長い旅の末に・・・

さあ 今夜は
宴をはろう
彼をかこんで・・・
盃をくみかわし

つもる話を
しようじゃないか

この詞という演出が実にうまくはまっている。この「愛・・・しりそめし頃に・・・」を読んでいると、市川準の映画を見ているようなほのぼの感がある。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-02-28 10:12 | Comments(0)
<< 裏白洲次郎 青いラグーナ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧