人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

青いラグーナ

青いラグーナ

夢をみた。海辺だが小高い丘などがあって林もあった。その土地は乱開発され少し痛んでいた。その土地を癒しながら保全していく。夜の作業で、土地も林も青いうす闇のなかにあった。月明かりが青かったのか、林も青い光のなかに立っていた。修復作業が2日ほどで終わり、その様子をながめる。海辺に近づいても海自体は見えない。海が、葉っぱの下にあるということだけを知覚する。葉っぱは芭蕉の葉のように大きなものが幾重にも重なっている。どうやら、その地形はラグーナのようだ。

ラグーナとは「潟」のこと。英語ではラグーン。イタリアにかつて行ったときに知った言葉だ。イタリア国土が河川によって削られ、その土砂が海辺にまで流されて出来上がった湿地帯、ラグーナ。そのラグーナのような地形の日本のどこかに、ぼくは立っている。その形はDを二つ重ねたBが全体のようだ。最初のD形のほうが後のより大きい。その最初のDを映像で計ろうと起点からカメラが回る。そこにベンチがあって、ベテランカメラマンのMさんがどっしりと座って海のほうを眺めている。そこから、カメラは全速力で、Dの一番下まで移動していく。そのトラックショットはおそらくバイクか車に乗っているのだろう。すごいスピードだ。

ふっと気がつく。起点にMさんがいたということは、これは誰が撮影しているのだ。
あ、亡くなったコダカちゃんじゃないか。名状しがたいものが胸をかけめぐる。

一つ目のDが終わって、次のDに移る。そこの最初の地点には小高い丘があって、貧しい家が並んでいる。その大半は空き家と化している。「これを村八分、二分ともいう」とコメントされる。こういう状況を村八分とはいわないだろう。もっと適切な表現を考えるべきと、ぼくはつぶやく。

ラグーナに立っている。海らしいものは見えない。だけど、海の近くにいることは体感している。夜の青いラグーナ。

と、夢から覚めて、すぐに書いてみた。ぼくには、読み返してもおおよそのイメージが立ち上がってきて、分かるが、はたして他の人には「何のこっちゃい」ということだろう。
青白い痩せた土地に生えるひょろひょろとした木々。昨夜読んだ、村上春樹の「壁と卵」。このふたつが、ちびくろサンボの虎たちのように溶けて、だんだんバターになっていく。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-02-27 08:21 | Comments(0)
<< 初めの頃 西部劇に夢中だった頃 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧