人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

お家に一直線

お家に一直線

湘南ホームライナー、7時半に乗って大磯へ向かっている。朝からの雨も上がり、気持ちのいい夜半だ。電車に乗る前に東急本店の地下でうなぎ弁当とグラッパ「ポリ」を買っておいた。イタリアの強い酒グラッパのポケット瓶である。ホームライナーという呼び名はお家に一直線という意味から付けたのだろう。

さて、電車に乗ると、やおら弁当を広げ、酒を口にして、読書となる。今夜、読むのは赤塚不二夫本とトキワ荘本だ。このところ、私はすっかりトキワ荘の伝説の漫画家たちに心を奪われている。とにかく、登場する人物の誰もいい。寺田ヒロオ、藤子不二雄の二人、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、鈴木伸一、森安なおや、水野英子・・・。信じられないほど善意の若者たちだ。そこで育まれた友情、同士愛、トモガキは何度読み返してもジンと来るものがある。名編集者丸山昭曰く、「トキワ荘はいわば旧制高校の寮生活のようなものであった。メンバーはここで人生を知り、漫画というものを学んだのだ」

トキワ荘には手塚治虫が住んでいるという噂が、トキワ荘がある椎名町界隈には広がっていた。近所の少年たちは手塚のサインが欲しいと、トキワ荘にこぞって出掛けた。現在、お米屋を営んでいるYさんも、当時中学一年生で、トキワ荘に出掛けた一人だ。

トキワ荘のみしみし言う階段を上がって、2階でキョロキョロしていたら、色の白い青年が声をかけてくれた。
「どこに行きたいの」。手塚治虫さんと答えると、その青年は「先生は、もうここにはいないよ。サインが欲しいなら書いてあげようか」といった。
その青年に導かれて、ある部屋の中に入ると、もう一人小太りのベレー帽をかぶった人が寝ていた。
「おい、石森。この子達にサインしてあげようよ」と色の白い青年が言うと、ベレー帽はのそのそおきてきてサインした。ネズミのキャラクターを描いてくれた。
色の白い青年は、いたずらっ子が寝転ぶ姿の漫画を描いて、その色紙に「ナマちゃん」と書き添えてくれた。少年Yは、今も、そのときに描いてもらった赤塚の漫画を大事に取って保管している。色の白い優しい青年が、今おもえば赤塚不二夫だったのだと、Y少年は還暦を過ぎた今になって感動している。

Y少年は当時中学一年生になっていたが、小学校の頃、よくトキワ荘の敷地のなかへ遊びに入った。庭先に使い古したようなGペンが落ちていたのだ。それを拾って学校へ持って行くと、クラスメートに自慢できた。それはいいけど、トキワ荘の評判は悪かった。というのは深夜遅くまで騒いだりおしゃべりしていることが絶えなかったのだ。近所から「うるさーい、今何時だと思っているのだ」と怒鳴る声が聞こえた、そうだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-02-25 21:25 | 少年誌の青春時代 | Comments(0)
<< 西部劇に夢中だった頃 出会いと人柄 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧