人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

出会いと人柄

出会いと人柄

ちょうど、南長崎で撮影するときだけ薄日がさした。80歳に近い丸山昭さんと水野英子さんをお連れして、トキワ荘のあった場所と近所のラーメン屋松葉で収録となった。赤塚、石森コンビに紅一点の水野さんが加わって、3人合作で作品を描いていた時期がある。このコラボレーションを仕掛けたのが、少女クラブの編集者、丸山昭さんだ。3人で使ったペンネームはドイツ人風U・マイヤー。(もちろん、うまいやをモジッテイル)
とにかく、赤塚、石森は本当に仲がよかった。女子の水野さんが参加しても、妙な感情もなく、同士のような付き合いが続いたという。
出会いと人柄_c0048132_20274616.jpg

トキワ荘から3人で近くの銭湯に行くことがあった。風呂嫌いの石森を赤塚が引っ張っていく。風呂屋の前で男女に別れて、帰りを待ち合わせる。水野さんが遅れて出てきても、赤塚石森は玄関で楽しそうにしゃべっていた。いつも二人はいっしょだった。
3人で徹夜して漫画を描くこともあった。夜中の2時を過ぎた頃から、二人は(特に赤塚)は下ネタを話しはじめる。下関から出てきたばかりの18歳の少女は、内心ぎょっとしながらできるだけ平然としてみせた。でも、これで鍛えられたから、男社会の出版社でも全然平気になったわ、と楽しそうに語る。

トキワ荘というのは、誰でも入れたわけではない。「漫画少年」で入選とか佳作になったような才能がある程度そろっていた。みんな漫画が好きだったから、一日中、漫画と映画のことだけ話していても楽しかった。ここは、旧制高校の寮のような「同じ釜の飯」仲間が醸成されたと、丸山さんはみている。

さきほどのU・マイヤー3人合作の話。ストーリーとコマ割は石森が担当し、主人公の男女を水野が描き、背景や草花、レタリングと仕上げを赤塚が担当した。その当時の、赤塚のペンタッチは細く繊細で緻密だ。なかなかの画力を感じさせる。後年、オイラは絵が描けないから高井研一郎にまかせた、なんて赤塚語録が流布されたが、水野さんに言わせると、赤塚の絵はなかなかのものだったという。シャイで口数が少なかったけど、ちょっとHだったしサービス精神は人一倍旺盛だった。
「おそ松くん」で小学館漫画賞を受賞したときごろから、赤塚は自信に溢れたようになっていったと丸山さんは分析する。でも、他者が赤塚に期待することを、精一杯やりとげようとサービスに徹した。
水野さんは赤塚の誰と会っても同じ対応をとることの見事さを評価した。けっして威張らない見下さないのだ。どんな人と会っても、自分のほうが一段低いところに置いて対応する癖は終生変わらなかった。

とにかく、二人から面白い話が一杯出た。これから、編集に入っていくのだが、どうやって短縮するか、かなり大変だぞ。と、嬉しい悲鳴。

出会いと人柄_c0048132_20273047.jpg
この塀の後ろにトキワ荘はあった
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-02-24 20:22 | 少年誌の青春時代 | Comments(0)
<< お家に一直線 椎名町へ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧