人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

謀略の

謀略の

今、ちょっとした歴史ブームだそうだ。女性の歴史ファンが増えている。彼らが好むのは、非業の死を遂げた戦国武将や薄幸の武士たちだ。昨年の篤姫や今年の直江兼続などより、真田幸村親子や土方歳三が人気があるそうだ。
歴史の旅番組企画を考えていたら、知人から不思議な話を聞かされた。

日本の戦国時代にしろ、中国の三国志の時代にしろ、陰謀渦巻くなかで起きた事件がかなりある。そのなかに、「一服盛られる」ということがある。歴史番組を考えるなら謀略に関するセンスがないといけないと、知人は大真面目にこういうのだ。

「先日のG8に出席した大臣は、一服盛られたのですよ。でなくては、ワインをちょっと口につけただけであれほどメロメロになりませんよ。だって、タイミングがよすぎるじゃないですか。ちょうど前首相の造反といいアメリカ新政権の使者といい。まるで申し合わせたように事態が重なっていた。」

「どういうことよ」と私は面白がって聞く。彼は10歳私より若いが、日本の歴史特に幕末時代にはめっぽう詳しいのだ。城マニアでもある。
「実は・・・。あのヨッパライ大臣と現首相は、アメリカ国債を買うのはやめようと決めていたのですよ。もし、そうなったらアメリカは困るでしょ。それと、あの前首相はアメリカ大好きだから、いっしょに動いたのですよ。」
 私は噴き出しそうになった。まさに「噴飯もの」。いや、笑っては知人に失礼だったようだ。彼は憤然と
「あ、そうやってバカにするのですね。でも今にきっと、この謀略の事実が歴史として明らかになるでしょう。だって、これまでにも信じられないような事件が起きたということを、歴史は示しているじゃないですか。」

「ふーん、本当にそう思うの。だとすると、あのヨッパライは悲劇の人物ということになるね。だけど、あの都知事なんかは微妙な言い方をしていたね。」
「ありゃあ、ガス抜きですよ」
と夕方の会議室で、酒も飲まないのに、延々謀略論議とあいなった。
 
なんだか時代劇を見たくなり、帰りに駅前のツタヤに寄って、古い東映映画をレンタル。「十七人の忍者」、大友柳太朗、里見浩太郎などが出ている。ケースのスチール写真には、白塗りではなくリアルな顔の役者が写っている。東映お決まりの勧善懲悪ではなさそうだ。脚本は池上金男。たしか、後に時代小説「四十七人の刺客」を書いた人だったはずだ。その名前に惹かれて借りることにした。そして、昨夜遅くまで見た。面白かった。伊賀の公義隠密と雑賀の忍者との戦い。背景に3代将軍家光と弟忠長の争いがあった。まさに、謀略戦だ。

しかし、この映画を見ているうちに、通俗性とは何だろうと考え込んだ。この映画の監督は長谷川安人とある。私は初めて見る名前だった。重厚な白黒の画面はなまなかのものではなく、相当な力量の持ち主と見た。だが、映画史には名前は残っていない。この映画と、黒沢の「影武者」とどこが違うのだろう。牢屋に入れられた大友の照明などは実に見事なものなのだが、映画全体としては通俗に流れている。その象徴は雑賀の近衛重四郎の役どころだった。あまりに柳生列堂しているのだ。つまり、超人めいている。この人物をもう少し丁寧に描ければ、けっしてクロサワには劣りはしないだろうに。

さて、この忍者映画から敷衍して、先のイタリアG8の醜聞を見てみた。もし、一服盛られたとすれば、件のワインが問題だ。その昼食を摂ったレストランを洗い直してみればすぐ分かるはずだ。そのワインを押さえろ。次にアメリカ国債の購入実績を調べろ。
だけど一番肝腎なことは、ワインを少ししか口につけなかったかどうかだ。本当に、ごっくんとワインをやりもしなかったのか。あれほどいつも酩酊にある人物が、酒に目がない人物が、そんな程度で済むのか。そこに同席していたという、ジャーナリストたちはワインの味をどう感じたのか。彼らも酩酊状態におちいったのか。せっかくの同行記者団なんだから、そういうリポートを発表すればいいのに。あの佐藤優ならどう見るのだろう。
しばらくは電車の中吊り広告は目を離せない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-02-21 10:03 | Comments(0)
<< 喪失した町で すっぱい葡萄か >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧