人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

2人の間は

2人の間は

私たちの文化は、あの酩酊大臣のような軽薄さばかりでない。
日本文学のなかで、大江と村上はひときわ大きい指標となっている。
その村上春樹が先日イスラエルに出掛けて受賞をしたというニュースは、さまざまな層に衝撃を与えた。現地を見ないであれこれするのでなく、小説家というのは現場にあるべきというような主張を、村上はしたと思う。現場を見ることと、受賞することとは違うと思うが。どういう了見なのだろうか。
これに対して、パレスチナを支援する人たちから批判の声が上がっている。その批判は、まあ理解できるが、私としてはなぜ村上が、あえて火中の栗を拾う気になったのだろうか。そのことが気になる。

そして、今朝の「朝日新聞」の文化欄で、大江の「定義集」が収載されていた。これを読むと、大江は最近北京に行っていたことが分かる。そして、北京大学で講演したようだ。そこで話したことは、エドワード・サイードの最後の病床の言葉を紹介したとある。
《サイードがパレスチナ人の側にたってどのように予見したか、最後の病床にあって、虚妄の、希望的観測こそ受付なかったけれど、かれが「意志の行為としての楽観主義」と呼ぶものをいかに持ち続けたか。それについて私は話しました。》
大江の議論は少なくともパレスチナの立場に立ったものだ。

少なくとも、表面的には二人は今まったく正反対に位置する。でも、どうしてもそう私には思えないのだ。何か、村上春樹は心に期するものがあると思えてならない。買いかぶりか斟酌しすぎか。
少なくとも、ガザ地区では先日の襲撃で1300人が犠牲になっている。その命を引き換えにするようなことって、何なのだろう。

 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-02-17 18:23 | Comments(0)
<< すっぱい葡萄か 議員のアカメ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧