人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

漫画の進化

漫画の進化

『子連れ狼』(画:小島剛夕)の作者小池一夫さんに芝のホテルロビーで会った。現代漫画の一期生である。今や、一期にあたるのは、さいとうたかを、藤子不二雄A、さんなどわずかになったと氏は語る。現在73歳。身長180センチの偉丈夫は少しも衰えては居ない。それどころか、日本漫画のちから(実力/能力)をもっと世の中に広めたいと意欲十分である。

 話の初めに氏は面白いことを語った。小説全部の売り上げが200億、映画は洋画邦画合わせて2000億、それに比べて日本の漫画は13兆ある。なのに、世間では芥川賞、直木賞と騒ぐが、漫画に対しては正当な評価を与えていない。そこを改善もしていきたいと、速射砲のように話す。よく知られているが、氏は後進の育成にも力を入れていて、小池一夫劇画村塾を開いている。ここから、高橋留美子、原哲夫など錚々たる人たちが巣立っている。名前の知られている漫画家、小説家、ゲーム作家だけで300人の塾生がいるそうだ。すごい人脈である。その影響は日本だけにとどまらない。
70年代に『子連れ狼』、『御用牙』、『修羅雪姫』、『忘八武士道』など、セックスとバイオレンスに満ちたアナーキーな時代劇作品を多数発表した。その多くが映画化(またはドラマ化)され、70年代の映画界に大きな影響を与えた。クエンティン・タランティーノなどは、小池氏の影響をかなり受けているという。

「漫画はキャラ立てが大事だ」というのが小池さんの漫画論の中心にある。物語の中心にインパクトのあるキャラクターを布置することの重要性を説いている。だからキャラクター原論の提唱者ともいわれる。
ところが、最近、さらに新しい理論を構想しているというのだ。その内容については、まだ言えない。現在の漫画のすさまじい進化と大きな広がりが、かえってある停滞に陥ったのではないかと考えたところから、小池さんは新しい漫画理論を打ち立てようとしているらしい。その話を昨日聞いたのだ。とても興味深い。だが、これをどういう形の番組に出来るか、思案がいる。

さきほどの現代漫画の一期生のことだが、手塚治虫、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、横山光輝、梶原一騎、藤子・F・不二雄ら、ほとんど物故している。ちばてつや、水島新司という人たちは2期生だそうだ。私は、てっきり1期生だと思っていたのだが。本宮ひろ志、小山ゆうらは3期生にあたる。私が漫画の現役読者だったのは、せいぜい3期生までだなと、あらためて思った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-02-14 08:06 | 少年誌の青春時代 | Comments(0)
<< 雪あかりの路 音言葉 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧