人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

音言葉

音言葉

「きっこのブログ」を知って、ときどき読むようになったが、彼女の書き込む量の多さに驚く。一回につきおよそ4000から5000文字打ち込んでいるのではないだろうか。それが、ほぼ毎日。しかも5年余り続いていると聞くと、その筆力と考える力の大きさに圧倒される。これだけ、アウトプットできるということは、インプットの量も半端ではないはず。いつ、資料を読み、いつ考えているのだろう。しかも、話題が多岐にわたっている。仕事をもち、母親の看病をしている女性にできるだろうか―こういう不可解さから、きっこゴースト説が生まれてきたのだろう。彼女は実在せず、誰か男性ジャーナリストが覆面でブログを書いているのだろうという噂があることも知った。
まあ、その疑念も分からないではないが、残された過去ブログを通読してみると、彼女なりの文体が一環してあるようで、私はこの人物は実在していて、メイクアーチストでMAXが好きな30代後半の女性で、差し支えない。そう信じたほうが楽しい。

昨日は、高田馬場で評論家の市川真人さんと宇野常寛さんと会って、秋以降の企画について相談した。お二人は気鋭の文芸評論家で、最近「ユリイカ」や「群像」で名前をよく見かける。つい、10日ほど前に東工大で行われた、磯崎新をめぐるアーキテクチャーのシンポで活躍されたばかりだ。水村美苗の『日本語が亡ぶとき』が話題になっているように、日本語論、国語論が注目されている。この流れのなかで、現代の言葉表現の状況を俯瞰するような番組ができないだろうかという話し合いだった。その話し合いのなかで、最近、大江健三郎と村上春樹の名前をよく見かけますが、と私が切り出すと、二人は「結局1970年代から2000年までは、この二人の時代だった。二人の仕事しか残らなかったということになるのではないですか」と答えたのが印象的だった。

最近、テレビに出ない作家やアーチストが増えている。村上春樹などはその代表だが、山下達郎や大滝詠一、内田樹らがそうだ。でも、先週放送された「手塚と音楽」の特番で、山下達郎が声だけ出演していた。「アトムの子」という彼の曲をバックに、手塚治虫への思いを山下が語っていた。それはそれで面白くよかったが、話し言葉でなく原稿の丸読みだったのはいただけない。
だが、このやりかたは何かヒントになりそうだ。音言葉をテレビでもっと活用できないだろうか。

話は違うが、昨日は陽気がよかった。馬場からの帰り、代々木で降りて歩いて会社に戻った。およそ30分。歩いているうちに汗ばんできた。神宮の内参道に乗馬クラブがある。その森あたりはジョギングする人たちが幾人もいた。代々木公園の外周の道は思った以上に長かった。そのうちにトイレに行きたくなり早足となる。行けども行けども公衆便所はない。だんだん焦って、ついに駆け出した。公園の梅の花が満開となっていた。

夜、映画を見た。数年前のシアター作品「列車に乗った男」。ジョニー・アリディが出演していた。カウリスマキのような映画を期待したら、まったく外れてしまった。時間の無駄遣いだと後悔しきり。こんな事なら、コーンウェルの検屍官シリーズの『神の手』を読めばよかった。これは祝日に図書館で探してきたもので、気晴らしにいいとキープしてあるミステリー。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-02-13 08:06 | Comments(0)
<< 漫画の進化 木綿のハンカチーフ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧