人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

木綿のハンカチーフ

木綿のハンカチーフ

一月ほど前の「週刊ポスト」を、診療所の待合室でぱらぱらと読んだ。「瞬間の残像・我が人生の分水嶺」というコラムで、太田裕美が登場している。彼女の最大のヒット曲「木綿のハンカチーフ」にまつわる話を告白している。

木綿のハンカチーフは名曲である。田舎で付き合っていた男女。その男が都会つまり東京へ出て遊び呆けているうちに、田舎へ残してきた彼女のことをすっかり忘れたという物語。そう言われた田舎で待つ女性が、最後にハンカチをくださいと頼む。別れることを思って流れる涙を拭くハンカチをくださいと頼むという、筋書きの歌詞カードが、私をはじめ大勢の人が共感した。でも、週刊ポストでインタビューに答える太田裕美はあっけらかんという。「ひどい男もいるなあ」って。そりゃそのとおりだ。でも、いまどきの女の子はこうではないわな。むしろ、男女逆転じゃないだろうか。女子が東京の大学へ行って合コンなどの遊びを覚えて、田舎で働く男のことなど忘れてしまった。純情な男は女の帰りを待つなんて筋書きのほうが現代らしい。

この間、一人カラオケに行って、この歌の面白い面を発見した。一度、この木綿のハンカチーフを歌ったのだが、なんとなくキイが合わないで不本意だったので、続けて、同じ曲のリクエストをした。すると、流れてくる映像の種類が違っていた。

最初に流れた映像は、歌詞とあまり関係のないストーリー。主人公は都会の花屋の店員。てきぱきとした男まさりの活発な女の子。ジーンズ姿でしっかり者。そこへ、時々やって来る若いサラリーマンにちょっといい感じをもつ。いつも、花を買っていく感じに引かれていく。ある日、その男は正装して、大きな花束を買った。主人公はあてもないのに期待した。
すると、その男はフィアンセと思しき女と現れて幸せそうに、新しい花束を買う。見送る主人公の寂しそうな顔で、物語は終わる。元歌どおり、悲しい女の子が主人公だ。

2番目の映像は、田舎の邸宅の令嬢が主人公。夏の朝、彼女は広大な庭にホースで水撒きをしている。そこへ表の通りに、若い男が自転車でゆきすぎる。ホースの水は庭を越えて、通りまで飛ぶ。そこへ、男がやってきてずぶ濡れになる。女主人公は慌てて、男に詫びることから二人の交際は始まる。楽しい日々。
そして、ある日男は東京へ旅立っていく。学業かそれとも就職か。女は、男からの連絡を待つがいっこうに来ない。やがて、秋となり冬となり、春が来た。そして初夏、女の子は、今日もまたさびしく庭に水撒きをしている。すると、画面の奥から男が現れる。女は気づかない。男は女の後ろに回りそっと近づく。
気配を感じた女が振り向くと、そこにはにっこり笑った男が花束をもって立っている。呆然として、その後に見る見る表情がくしゃくしゃになる女。で、画面が終わる。

つまり、木綿のハンカチーフのハッピーエンド版と悲劇版と二つのバージョンがあったのだ。さて、私はどっちが好きだろう。
本音は、水撒き版。原作のイメージは花屋悲しい版のほうが近いのだが、気分としてはハッピーエンドにしたいのだ。これだったら、太田裕美嬢も、男を責めないだろう。

ところで、このカラオケの映像に、私は今とても関心がある。わずか3分のドラマだが、ぴたっと心に沁みるものと、まったく頓珍漢なものと2種類あって、それを作ってみたい欲望にかられるのだ。下手糞な映像を見るたび、これはオイラに任せろーと叫びたくなるのだ。
今、とても作成したいカラオケ画像は、「青春の城下町」と「池上線」「案山子」、そして「花吹雪」だ。
映像のヒントは「冬のソナタ」。例えば、海辺の最後のデート、スキー場の降雪機の下で泣くユジン、そして再会する不可能の家。つまり、ユン監督の映像が、一番参照になるのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-02-12 21:04 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 音言葉 ラジオの巨匠 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧