人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ラジオの巨匠

ラジオの巨匠

代々木の大学病院で精密検査を受けにいった。だんだん体のあちこちにボロが出て来ている。会社の診療所の紹介状をもって、朝8時半に受付に立った。それから4時間、検査を4つほど受ける。待ち時間の長いのには呆れた。老人たちは黙ってオトナシく待っている。この群れのなかに私もいるのだと、改めて、年齢を思う。

そのなかに、見知った顔があった。かつて、音声マンだった人だ。体が大きくハンサムだったから見栄えのいい人だった。髪の毛はかなり後退していたが、それ以外は昔と変わっていない。知人と話している声は、昔と変わらず大きくハスキーだ。泌尿器科の待ち合いコーナーだ。たっつあんも、こういう診察を受けに来るようになったのだと、ある感慨を抱いた。

30年前、私がまだ駆け出しのディレクター時代はラジオが局内でも力をもっていた。400台、500台のスタジオはみなラジオスタジオだった。407スタジオで毎週私は小さなディスクジョッキーの番組を収録していた。出演者一人、ディレクターとミキサーの3人だけという、いたって気楽な番組だった。このミキサー席に座るのは、たいてい年配の音声マンだった。ちょうどテレビのVTRの時代が始まっていたから、若い音声マンたちはみなそちらに向かっていた。というか、古い音声マンは新しい機器の進歩についていけず、昔のラジオスタジオで威張って仕事をするのが楽だったのだろう。
20代の私は、そういうベテランたちからラジオ番組の蘊蓄をよく聞かされた。そういう蘊蓄は同業の技術の若い人には言わずに、演出側の私に語る。
なぜ、私なんかに話すのかと聞くと、「どうせ、俺らのやり方なんかは古くさいと思われているからよ」と答えた。そのときは、そうなのだから仕方がないやと,私も思っていたが、今の年齢にたってみると、ベテランたちの憤懣もなんとなく分かる。しかも、彼らの培って蓄えていたラジオ番組の”知恵”はきわめて意味深いものがあったと、今になって思う。

ラジオで技術を磨いた人たちの末路は淋しいものがあった。私が30代になった頃からバブルが始まり、放送局もテレビ本格時代に入った。ラジオ屋さんはみな隅に置かれるか、忘れられていった。内にもった誇りなど、誰も見向きもしない。おおぜいいた音声マンもいつのまにか定年をむかえ、局から消えて行った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-02-11 09:47 | Comments(0)
<< 木綿のハンカチーフ どうする >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧