人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

冬雲の下で

冬雲の下で

寒い日である。もみじ山の風景も白茶けて殺伐としたものとなっている。鳥の声も今朝は聞こえない。大磯駅で定期券を購入する。半年でおよそ15万円。たいそうな金額だ。今度買い換えるのは8月の10日。暑い盛りだろうが、今朝の寒さからなかなか想像できない。
昨日、衛星第2放送で、お昼に長時間にわたって、手塚治虫特集をやっていた。これまでの手塚に関するドキュメンタリーを集めた特番だったので、ちょうど見たいと思っていた「青春のトキワ荘」と「私の自叙伝」を確認することができた。
「青春のトキワ荘」はフィルムドキュメントの名作だと思った。撮影の吉田ヒデさんがいきいきしている。とにかく、この「物語」のミソは、トキワ荘伝説の高名な漫画家たちでなく、ここから弾かれたり去って行ったりした人物に注目していることだ。
日本漫画史を彩る綺羅星のごとき作家―手塚治虫、藤子不二雄、石森章太郎、赤塚不二夫、水野英子・・・。功なり名を挙げた人たちだ。光の部分である。

影の部分。トキワ荘を離れて、漫画の世界から遠ざかり再び戻った、森安なおや。赤塚や石森と同輩にもかかわらず、現在は建築業のわたり職人となって、密かに漫画を描いている。11年かけて描いた漫画を、出版社に売り込みに行く様子をカメラはシビアにとらえている。彼が描いた漫画は、岡山の小作農の倅が運命に翻弄されて、太平洋戦争で18歳で死ぬという内容。原稿を見る出版社の編集者の目は厳しい。森安の絵もセンスも今とはずれているということで、とまどいを隠せない。不安げに見守る森安の顔に、視聴者のワタシも引き込まれる。
もう一人、影の国に住む漫画家がいる。トキワ荘の兄貴分で若い漫画家たちに影響を与えた寺田ヒロオ。彼は、昭和40年の時点で、トキワ荘を出て、遠く茅ヶ崎に新居を建て引きこもってしまった。商業主義に毒されてしまった少年漫画に見切りをつけたのだ。

番組は、トキワ荘での送別会・同窓会に収斂していく。老朽化したアパートが取り壊されることになり、かつての住人たちが集まって同窓会を開くことになる。巨匠たちがいそいそと仕度をして昔ながらの肉なしキャベツいためを作ったり、かつての姿を撮影した8ミリ映画を試写したりして、往時を懐かしむ。この宴に手塚を初め、ほとんどのメンバーが来る。森安も端っこに座っている。そのなかで、ただ一人、寺田は来ていない。

画面は切り替わって、茅ヶ崎の寺田を写す。今度の同窓会には行かないのかと訊くと、寺田は「行かない」と答える。懐かしくはないかと続けると、「いや、いいよ。トキワ荘はこの心の中にあるから」と答える。この言葉が深く沁みる。この言葉を味わうことができるように丹念に構成されている。それだけでも、この番組は成功していると思う。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-02-09 14:06 | 少年誌の青春時代 | Comments(0)
<< ケータイを落とした 肩越しの日記 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧