人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

肩越しの日記

肩越しの日記

 若くして自死をとげた人たちが、事後にその苦難を記した日記が公開されることはあるが、書いた当人はそういう公開があることを前提で、もちろん日記を書いたわけではないからあけすけに自らの恥部もさらけ出している。もしかすると、彼らは天国で公開した人を憤っているかもしれない。
自分の死んだ後に、公開されるというのは墓暴きのようなものだと。

 ブログって何だろう。ネット上の「日記」といわれるが、誰にも見られないから本当のことを赤裸々に書くという意味での純粋に個人的な日記というわけでもない。だって、こうやって世の不特定の人たちがなんとなく寄って来て読まれている。その読まれることを前提で書いているのだから。とは言うものの、誰かに向かって呼びかけて書いているものでもない。
 
 高橋源一郎が、斎藤茂吉の短歌を例に出して面白いことを書いている。
死に近き母に添い寝のしんしんと遠田のかはづ天に聞こゆる
母は、もう死のうとしている。私が、そんな母親に添い寝をしていると、どこか遠くの田んぼで蛙が深々鳴く声が、遥か天空から、落ちてくるようだ。

高橋は、これは誰に向かって書かれてあるのかと問う。高橋はこれは独り言だという。茂吉の胸のうちを、茂吉は誰ともなくつぶやいているのだという。ただし、作者は、この独り言を「読者」が聞いていることも承知しているのだ。言ってみれば、舞台の上で役者が独り言をセリフでしゃべっているようなものだというのだ。役者がそれをやるのは、観客に聞いてもらうためだ。しかも、役者は観客がいることなどを知らないふりをしながら。

ブログもそういう面があるのではないだろうか。私がここで書いていることは、自分のためだけに書いている―日々、感じたことを記したり、備忘のために記したり―。まあ、ブログのつぶやきだ。
で、それだけなら、本当の自分の紙の日記に記せばいいのに、こうしてネット上に公開する。それは、読者などを意識などしないで自分のためだけに内心を書いているのだというふりをしていることだ。いわば、自分の日記を、少し後ろに向かって見せびらかして、肩越しで覗かせているのと同じだろう。

茂吉の場合は、そういう呟きを世に出したのは、その短歌の作品性を問いたかったにちがいない。語る内容も然りながら、語り方の秀逸さを示したかったのではないか。

では、私は何か。書きたいことがあるから書く。ブログというおしゃべりのなかで遊んでいる。あえて本名は出さずに、それらしい名前で、自分の言いたいこと思っていることを書く。それを通りすがりの人たちに、ちらっと肩越しで読んでもらっているだけで、いいと。だから、私の身近な人たちが、このブログを読んで、私に直に感想を言われると困ってしまうのだ。私の気ままで言えば、私の周りの人たちは誰も読んで欲しくない。もっと遠くの、私という人間をまったく知らない、九州や東北の人たちに読んでもらいたいなあと思って書いているのだが。でも、このブログを始めた頃に、ブログの名前のつけ方や記事の張り方が分からなかったから、私は完全な匿名とならず、周りの人から感想を述べられる羽目になった。
変な話、自分で書いておきながら、知人からこの話題に言及されると、アナに入りたいほど恥ずかしくなる。
私は、このブログの観客をドーナッツのようであってほしいと願う。私と近いところにある人は皆パスして(つまりドーナッツの穴のようなもの)、私のことを”誤解”してくれる人に読んでもらいたいのだが、そんなに都合よくいくはずがない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-02-08 12:02 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented by naz at 2009-02-08 22:58 x
歌を歌ったり、番組を作ったり、小説を書いたり、といったようにブログも自己表現のひとつの形式と考えます。周囲の人が思っている自分とは異なる面を見せる気恥ずかしが少しばかりあるだけで、ブログも作品と見ればよいのでは。森鴎外や夏目漱石が自己をさらしつつも小説を書いた時代を思えば、ブログを書く気恥ずかしさなどかわいいものです。yamatoさんはこんなことはとっくに分かっているのでしょうけれども。
<< 冬雲の下で 土曜の朝から >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧