人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

土曜の朝から

土曜の朝から

自分の体温で暖まった布団のなかで、うつらうつらしているところへ、「夢のなかのデート」が流れてきた。60年代の懐かしいコニー・フランシスの曲だ。一瞬、どこに私はいるのかと目くるめく。

小川洋子『物語の役割』(ちくまプリマー新書)を読んで感銘した。作家の秘密としての、物語の作り方を小川は告白している。短く、やさしい表現の新書だから、ぜひ読まれることを薦める。
彼女の大事な主題であるホロコーストと金光教のことが、実にディーセントに忍ばせてあることに感動する。

そこで紹介されていた彼女の作品「リンデンバウム通りの双子」。
主人公の私は日本の作家で、別れた妻と子どもがいる。その子どもがロンドンに留学しているのだが、現地の学校でトラブルに巻き込まれる。男は学校に呼び出され、急遽ロンドンに行くことになる。その私の小説をドイツ語に翻訳してくれているハインツがウィーンに住んでいて、私と文通している。ヨーロッパに行くついでに、そのハインツと会おうということになり、私はウィーンに赴く。リンデンバウム通りのアパートを訪れる。と、思いがけないことにハインツは年老いた老人でしかも双子であった、やはり年老いた兄カールと二人だけで古いアパートの5階に暮らしていた・・・・・。

荒筋だけでも面白そうだ。俄然読みたい気分となり、昼から、この本を大磯図書館へ探しに行こうと思う。でも、私が書きたいことは、この本のことではない。双子の老人と出会った場面のことだ。主人公がそのことを知ったときの、呆気にとられた表情を想像し、そのことにわくわくしているのだ。

1959年2月、50年前のちょうど今頃小学館の二人の編集者はトキワ荘を訪れた。ここに住む漫画家に、春に創刊される少年週刊誌に連載漫画を依頼するためだ。豊田編集長から命を受けて、このアパートに住む藤子不二雄という新進気鋭の漫画家を口説いて来ることになったのだ。なんでも、同じアパートに住む寺田ヒロオと編集長は仲良しで、その寺田がもっとも有望な若手だと藤子不二雄を推薦したそうだ。
木造アパートの2階に上がり、ドアをノックして、部屋に入ると二人の若者がいた。
「?」編集者は顔を見合わせた。
「あのう、どちらが藤子さんでしょうか」
「ぼくらです。ぼくらは二人合わせて、藤子不二雄です。」ベレー帽をかぶった線の細い若者と黒縁眼鏡の前髪を垂らした若者が口を揃えて言った。
なーんて、光景があったのではないかと、今サンデー・マガジン物語を制作している私は夢想してしまったのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-02-07 13:22 | 少年誌の青春時代 | Comments(0)
<< 肩越しの日記 漫画史の面白さ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧