人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

愛と誠

愛と誠

テレビをつけたら、「グータンヌーボ」という番組をやっていた。女の本音のトークだそうだ。モデル、押切もえ、歌手の大黒摩季、そしてアナウンサーの内田恭子らがカメラを意識せずに3時間を過ごすという触れ込みの番組。そんなことありえないじゃない。カメラで撮られていること前提で、本音らしくトークしているだけだろうと、つっこみをいれても野暮なことだが、その会話が耳障りだった。この3人の女性の「本音」というのは、「・・・してほしい、・・・してくれない」の連続だった。

練馬の大泉学園へ行ってきた。梶原一騎夫人篤子さんに会うためだ。2年前製作した「あしたのジョーの、あの時代」のときに取材して名刺交換はしているのだが、今年の少年週刊誌50年の記念イベントがらみで、お願いにあがったのだ。
篤子さんは、梶原と結婚して子供を3人なしたあと離婚して、さらに数年後に再び、結婚した経験をもっている。マッチョな男梶原一騎。氏から、夫人はたいへんな苦労も与えられたはずだが、死別して20数年、亡き夫のやさしさ、かなしさが甦ることが多い。篤子さんのなかでは梶原の面影はますます濃くなっている。

 篤子夫人の体調がおもわしくないということで早々に辞去するつもりであったが、思い出話に熱がこもり、つい2時間ほど滞在した。すべて梶原一騎の優しさの話である。こんなエピソードがある。
 18歳の頃、梶原は浅草でストリッパーと同棲していた。その女性に東宝の社員が惚れた。梶原より10歳も年長のその男は、二人が同棲していることを承知で、ある日、梶原に告白した。あの女(ひと)といっしょになりたい、結婚したいと。その話を黙って聞いた梶原は家に帰った。しがない自分は、これからどうなるかもおぼつかない。彼は大手の会社の社員だ。
夜、女が戻って来て、その日あったことのあれこれ楽しそうに話す。にこにこ笑って梶原は聞いた。そして眠りについた。明け方、梶原はそっと布団を抜けだし、身の回りの一切をつめた風呂敷包みひとつで家を出る。出る前に、その女の履いていた赤い小さなハイヒールを胸にかき抱いて、滂沱の涙を流した。
梶原の未完となった『男の星座』に、この顛末が書かれてあったから、夫人は知った。その赤いハイヒールを胸に抱いている梶原青年の胸のせつなさを思って、夫人は大きな目に涙をためる。梶原一騎が死んで20年以上になろうとしているが、夫人のなかでは生きていた。「もし、死んで閻魔さまのところへ行って、お前は生前何をしたかと聞かれたら、私はあの梶原一騎と2度も結婚したのですと、答えることかなあ。私の人生って。」
夫人の話のなかに、「してくれない」という言葉はいっさいなかった。「してあげたかった」ばかりだった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-02-05 09:08 | あしたのジョーの、あの時代 | Comments(0)
<< 漫画史の面白さ 捲られる私 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧