人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

心優しいチビ太P

心優しいチビ太P

「ぼくって、誰にでも頭下げられるんです」と平山亨Pは言ってにこっと笑う。その笑顔がいい。笑っていても目だけは笑っていないという人がいるが、彼は違う。笑う顔は本当に破顔だ。屈託がない。
腰が低いのは東映京都の太秦撮影所で育ったからだ。撮影所では助監督のまわりは偉い人ばかりだ。絶え間なく頭を下げ続けた。それは苦にならなかった。師事した監督は時代劇の名匠松田定次。映画全盛に夥しい数で映画を作った人だ。芸術をめざすより、人を喜ばせるエンターテイメントをめざした人だ。その精神はしっかり受けついだ平山P。やっと映画監督を務めるようになった昭和38年、日本映画は下降局面にあった。太秦撮影所も仕事が減り、活気を失っていた。

40年に、平山Pは配置転換となり東映本社のテレビ部プロデューサーとなる。監督とPでは仕事は天と地ほど違う。よく辞表を書かなかったものですねと訊くと、「妻と子を路頭に迷わすわけにはいかなかったからね」とあの笑顔をまた見せた。

漫画が好きだったからよく読んでいた。ちょっと注意したいのは、当時、東大を出たオッサンが漫画を本気で読むなどということは考えられない。それをやっていたというのが、平山Pの特異点。貸本漫画で水木しげるの世界を発見しはまっていた。そして、少年マガジンの内田勝編集長の知遇を得て、本格的に水木しげるにアプローチする。半年後には「悪魔くん」のテレビ映画の撮影が始めていた、というから意外に行動派でもある。当時、木曜日夜7時は10chのNETでは最高4パーセントしかとったことがない枠だ。そこへ製作費のかかる特撮ものではあったが、平山Pは「悪魔くん」で挑戦した。ここが、彼の隠された美質。直感で得たものを信じ、やると決めたらトコトン前進していく。けっして諦めない。この頑張り屋の側面はあまり他人には見せない。

放送が始まると、初回は8パーセント。まだ低いが、それでも過去最高だ。現金だがけっして裏切らない子どものファンがいることを、平山pは実感した。次第に視聴率が上がっていく。製作費はかさんで赤字だったが、確実に番組イメージは上昇していった。
「この番組を作って一番嬉しかったことはですね」と平山Pは意外なことを語った。映画が斜陽となって仕事が無くなってリストラ寸前だった撮影所の仲間たちが救われたことだという。平山Pはなにより友愛を大切にする人だったのだ。

やがて、46年から始めた「仮面ライダー」は大ヒットする。これは、大阪毎日放送MBSの枠をゲットして作った。裏番組は視聴率40パーセントの「巨泉のお笑い頭の体操」だったが、ここの牙城を揺るがすほどの連続ドラマとなる。この企画は、平山Pが石森章太郎と苦心の末に作り上げたもので、昨日の聞き取りでも、平山Pはかなり微に入り細に入りして語ってくれた。その話は後日に譲るとして、このドラマがヒットして盛大なパーティが開かれたときのエピソードを紹介したい。

大阪の名門ホテルでパーティが開かれ、MBSの社長も出席して祝辞をもらった。そこで、平山Pは大きく頭を下げてお礼を言ったのだが、そのスピーチに関して今でも後悔しているという。「あの時、社長もいたからせっかくのチャンスだったのに、私は大野剣友会に毎月100万でもいいから振り込んでやってくださいって言えなかったのですよ」
話はややこしいが、こうだ。仮面ライダーがヒットしてキャラクター使用料だけでも○億ほどMBSに副収入をもたらすことになった。その利益から、普段ギャラが数万しかもらえないショッカーを演ずるスタントマンたちに、手当てをしてやってほしいと、平山Pは訴えたかったのだ。ところが、華やかなステージで、平山Pは舞い上がり、その進言をする機会を失い、そうした自分をいまだに責めているのだ。これは口先だけで言っているわけではない。本当に口惜しそうになんども語る。まことに、仲間を大事にするプロデューサーだと、あらためて思った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-02-02 00:37 | 少年誌の青春時代 | Comments(0)
<< 品川の赤提灯 自らを顧みず、人の作品を喋々すれば >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧