人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

グスン

グスン

少年サンデー5代目編集長の高柳さんを取材した。とにかく面白い。話を聞いていると、創刊から10年ほどの少年週刊誌の神話時代は漫画家も編集者も読者も熱くユニークで純情だ、ということを実感する。ベビーブーマーの私はこのカテゴリーの中の読者に含まれることを光栄に思う。

その当時のぼくらはどんな読者だったかを、想起させる絵があの石原豪人画伯によって描きとめられているのを発見。題して「昔の子供はいろいろ苦労した」。
グスン_c0048132_0153344.jpg

家にやってきたテレビはむろん白黒で14インチ。小さかったが現在のテレビの500倍ぐらい面白かった。テレビを見すぎると目を悪くするから、3メートルは離れてみなさいとしつけられた。一人に一部屋なんて身分の子供は周りを見ても誰もいない。弟や兄たちと混じる相部屋で勉強机があって蛍光灯のスタンドを立てて宿題をやっている、ふりをしながら引き出しにサンデー・マガジンを忍ばせて読んでいた。母親が近づいてくるとさっと引き出しを閉めた。それを弟が言いつけて、おかげでぼくは叱られる。母親がいなくなったあと、弟の頭をごつんとやる。泣く。ふすまが開いて「また、弟を苛めて」と再び説教をくらう。豪人先生の絵とキャプションは当時のぼくらの様子を活写している。「マンガばかり読んでいると叱られるので勉強をしてるふりをしてサンデーを読んだ。」

この記事は、実は高柳さんから借りた少年サンデー創刊30周年記念号の中にあって、1989年4月に発行されている。この記念号に飛び切りのネタがあった。それは、「おそ松くん」の一家のその後が作者赤塚不二夫によって描かれていたのだ。実に彼らは劇的に早死にしていたのだ。
6つ子一家(父も母も含む)は昭和45年3月6日に、はじめて食べたふぐ料理で全員中毒死。ぼくが会社へ入る直前、実家でだらだらしているときに、おそ松一家は死んでいたのだ。グスン。翌年の1月8日、私は大阪にいたその日、イヤミは歯槽膿漏で死んでいる。昭和50年の12月8日9日と連続して名優が死す。ダヨーンのおじさんとハタ坊だ。ハタ坊の場合、ハタに落雷して黒こげになったという。53年のエープリルフールにあのトト子ちゃんが拒食症になり体重3キロにまでなって餓死。グスン。デカパンは55年の8月6日ヒロシマの日に、金属パンツをはいたために傷が出来破傷風で死亡。そして、作者の赤塚不二夫は昭和63年1月1日、つまりこの記念号の年の正月にアル中でマンガが描けなくなって自殺した、とある。昭和の終わりとともに「おそ松くん」の人々はみんな昇天した。
少年時代、夢中になって読んだ「おそ松くん」の登場人物たちの悲惨な運命を、連載が始まった昭和37年から47年も経って知ることになった、嗚呼。
グスン_c0048132_015382.jpg

・・・と思って、よく考えたのだが、ちび太がこのなかに入っていないぞ。ひょっとすると、われらがちび太は、世紀を越えてまだ生きているのじゃないか。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-01-30 00:13 | あしたのジョーの、あの時代 | Comments(0)
<< 子供の力 老いの小文 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧