人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

テラさんの親切

豊かな知性

泉麻人の『シェーの時代』を読んでいると、この著者は本当に「おそ松くん」を愛していたことがよく分かる。その漫画のもつ「前代未聞性」を具体的に指示している。昨年夏に赤塚が死んで、いろいろ毀誉する人は多いが、本当にリアルタイムで読み面白がっているという人は少ないのじゃないだろうか。破壊的でアナーキーなギャグ、人情的なペーソス、ユニークなキャラクターといったことを大雑把に語るというのがだいたいの線だ。それに比べて、泉は「おそ松くん」の物語に伴走しながら、腹の底から味わっている。彼は赤塚が住んでいた新宿の西のはずれと同じ地域で育ったいうこともあって、とりわけ親近感もあったようだ。たしか、泉は我々ベビーブーマー世代より、一つ下の世代のはず。いわゆるシラケ世代になるのか。

昨夜、いっしょに食事をした人も55歳。やはり、少年サンデー/少年マガジンを創刊の頃から愛読していて、赤塚や寺田ヒロオや桑田次郎の話におおいに盛り上がった。彼は山口県、防府の本屋さんの息子だったので、とりわけ、少年週刊誌2誌に愛着あったようだ。

で、話は飛ぶというか、赤塚に戻るのだけれど、赤塚不二夫がマザコンということは、トキワ荘の連中はみんな知っていたことだ。かあちゃんが新潟から出て来て狭いアパートに同居しながら赤塚の面倒をみ、石森章太郎や水野英子らの食事の世話をしていた。赤塚の自伝『これでいいのだ』で、赤塚は自分はマザコンだと公言している。ガキの頃はかあちゃんから薪ではたかれたにもかかわらず、大好きだったと広言しているのだ。

だが、いまどきの若者のように親離れしていないのかというと、然にあらず。彼は新潟で中学を卒業すると映画の看板屋に勤め、19歳で上京して江戸川の化学工場に住み込みで働くようになる。そして、暇があれば朝から晩まで映画を錦糸町で見ていた。飲まず食わずで映画代を捻出しながら映画館にはりついている赤塚。チャップリン映画のキッドのように健気でインディペンデントだ。この映画三昧は彼の知性を作った。
「ぼくの頭のなかの部屋はがら空きだったから、新しく覚える知識や言葉は次々と貯蔵することができた」と先の自伝で赤塚は書いている。なんと素敵な言葉だろう。

トキワ荘に移ってから、石森のそばでメシスタントをしている頃の赤塚の心中。にこにこしながら、劣等感と不安感に押しつぶされそうになっていたのだろう。漫画では食っていけない、新宿でキャバレーのボーイになろうと、寺田ヒロオの部屋を訪ねたこともあった。そのとき寺田は3万円わたして、これが無くなるまでこのアパートにいろと忠告してくれた。この時飲んだのが涙のチューダーだ。
ここで注。メシスタントとは石森の飯の支度をしながら漫画のアシスタントをしていたこと。チューダーとは焼酎をサイダーで割ったもので貧しかったトキワ荘の連中が好んで飲んだもの。いわずもがなだが、寺田が3万渡すときにチューダーを出してくれた。そこに、赤塚の涙がポチョンとこぼれて落ちた。

ところで、この寺田のエピソードはずっと彼の客気だと思っていた。ところが、サンデー初代編集長の豊田さんから直接こんな話を聞いた。寺田は小学館の学年誌でカットを描いていて、豊田さんとは「付き合いがあった。その健康的な絵柄が小学館の週刊誌にふさわしいと思って、サンデー創刊のときに、連載漫画を依頼する。そして出来上がったのが「スポーツマン金太郎」だ。この漫画の打ち合わせを兼ねて、豊田さんは寺田と何度か飲んだ。そして、寺田に尋ねた。「君が住んでいるアパートで誰かいい漫画家はいないかなあ」寺田は即答「藤子不二雄」。豊田さんはすぐにこの藤子という人物をマークする。まさか二人で描いている人格とは知らない。この藤子もサンデー創刊から「海の王子」で連載を始めることになる。

他にはいないかと豊田さんが聞くと、「石森章太郎と赤塚不二夫。今はまだそうでもないが、将来はきっとたしかなものになるでしょう。この二人は覚えておいたほうがいいですよ」と寺田は語ったというのだ。テラさんこと寺田ヒロオは赤塚の才能をみつけていたのだ。だから3万円渡したのだ。単なる人情話ではなかったのだ。
トキワ荘の兄貴テラさんは不二夫より10歳ほど年長だと思っていた。ところが今調べてみると、不二夫21歳、寺田24歳、だ。ついでに石森18歳。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-01-27 10:35 | Comments(0)
<< 今の時代気分って 埴生の宿 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧