人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

トランスメディア

トランスメディア

表現はメディアによって、それぞれ違うのは当然だ。だが、メディアを転換させて表現するということは傍目でみるほど簡単でないということを、つくづく感じる。昨年暮れに制作したフィギュアの番組で、造型師ボーメが2次元の漫画を3次元の立体物に”起こす”ということがどれほど大変なことかを知らされた。画では描かれていない部分の表現や、ある角度から見た画ではきれいでも、同じポーズを別の角度から見ればぎこちなさが残った場合、どうやって調整するか、その苦労は並大抵でないと、取材編集を重ねるなか、ボーメの奮闘を見て痛感した。

昨夜、テレビドラマの「クライマーズ・ハイ」を4時間見た。2時間ドラマの前後編である。これまでに見たり読んだりした映画や原作と、どう違っているか興味があった。結論からいうと、映像化については映画のほうがいいと感じた。好みとしては映画をかう。尺の長さはテレビのほうがあるから、物語の説明はテレビのほうがよく分かった。だが、ドラマツルギーでみれば、映画のほうが山場をよく形成していたのではないかと思うのだ。キャスティング(配役)は両者とも悪くない、というかそれぞれいい。主役の佐藤浩市にしろ堤真一にしろ、よく造形化していると思った。他の配役もなるほどと納得した。ただ、怪物社主は映画は山崎努でテレビは杉浦直樹。これは両方とも善戦しているのだが、何か違う気がしてならない。

この原作の小説は、知人から薦められて、昨年の秋に読んだ。どうせ、警察小説のバリアントだろうとタカをくくって読んだのだが、先入観は裏切られて面白かった。新聞製作の現場や人間がよく描けていて感心した。ジャンボ墜落という歴史的事件をよく小説のなかにとりこめていることに作者のなみなみでない力量を思った。原作がしっかりしているからだろう、テレビ化も映画化もけっして凡作ではない。映像化というトランスメディア(メディア置換)はけっして失敗していない。いないのだが、見終わったあとの”読後感”に、すきま風がすーすーと吹いてくるのは、なぜだろう。

話は違うが、やまだないとの話題の漫画「ビアティチュード」を読んだ。トキワ荘時代の赤塚不二夫と石ノ森章太郎の関係をBL(ボーイズラブ)的に描いた作品だ。
むろん、漫画は直接にこの”史実”を描いてはいない。石ノ森章太郎をハナモリショータロー、赤塚不二夫をクボヅカフジオとし、トキワ荘や講談社という固有名詞もそれらしい名前に変換しているモデル漫画ではある。だが、東北から出てきたショータローには病弱の美しい姉がいて、その姉に向けてアパートの住人たちの人となりやドタバタを報告するという設定などは、いかにもあったかのような近似値作品となっている。

まず、赤塚不二夫と石ノ森章太郎の関係をBLというのは、まったく事実ではない。これは、あのトキワ荘伝説から受けたやまだないとの妄想だが、この妄想が実に青春的でいいのだ。キャラクターの造型もフジオは今風の美少年で、ショータローの奥さんのように甲斐甲斐しくおさんどんをこなす。ショータローはスリムでひねこびてはいるがいかにも才気溢れナイーブな年少の漫画家然としている。一番意外なキャラは寺田ヒロオをモデルとするテラさんだ。実際の寺田は背の高い体格のいいスポーツマンタイプだったが,コミックのテラさんは痩せてヒゲをはやして黒いサングラスをかけた不健康な中堅漫画家となっている。役者でいえば藤竜也のイメージ。このほか、紅一点の漫画家水野英子や赤塚の実母やアニメーターの鈴木伸一らのアバター(分身)が登場し、あのトキワ荘物語を架空で推し進めていくのだが、妙に心理的にリアリティがある。
これはいったいどういうことなのだろう。事実をかなり翻案しても、歪形しても、そうだそうに違いないと読者を納得させるものが、この作品にはたしかにあるのだ。

最近のコミックの画はあまり好きでない。読むとすれば、せいぜいちばてつや、浦沢直樹、弘兼 憲史、いわしげ孝あたりだ。近年の若い作家たちの画は線が多く鬱陶しいし、齣割りやネームが複雑で、没入しにくいと感じていて、ずっと敬遠してきた。だが、このやまだないとの作品を読んで、ちょっと自分の無知蒙昧を教えられた気がする。内容が深いのだ。深く表現しているのだ。これは、今まで私が食わず嫌いであったかもしれない。遅ればせながら、やおい漫画にも少し手を出してみるかなと、思い始めている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-01-23 09:22 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< 滋賀の都 奄美の友だち >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧