人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

清親のような朝のなかで

清親のような朝のなかで

 午前6時、尿意を感じて目が覚めた。厠からもどってベランダから外をのぞくと、薄青い闇が広がって、町の灯りが黄色くぼんやりうるんでいた。
まるで、小林清親の版画「新橋ステーション」のような光景で、思わず見ほれた。しばらくすると、うるさいカラス野郎たちが起きだしてカアカア鳴き出す。

 昨日見聞したことが、頭のなかでぐるぐる巡る。

 新潟時代の赤塚不二夫は映画の看板描きの修業に入っている。中学を卒業して短い期間だが、そこで最初に彼が描いた映画は「第3の男」だということ。これを赤塚は酔ってある映画監督に話していた。そういえば、彼は「第3の男」のラストシーンのパロディをよく描いていた。

 50年前の3月に、「少年サンデー」と「少年マガジン」が同時に創刊され、今日のキッズカルチャー隆盛の礎を築いた。そのサンデー側つまり小学館の社長だった相賀徹夫氏が先月亡くなったそうだ。しまった。話を聞いておくべきだった。キッズカルチャー初期の証言者は、現在80歳代。チャンスがあるときに聞いておかないと後悔することになる。そこで、今月末には、特撮の伝説的な大物プロデューサーにインタビューをするつもり。

 かつて、国際都市アカサカに「ニューラテンクォーター」という伝説的なナイトクラブがあった。焼失したホテルニュージャパンの地下にあった。そこのショーは本場アメリカにも劣らないもので、来日した外国人タレントで出演しなかったのは、シナトラとプレスリーぐらいだったと言われている。そのオーナーだった山本さんに会って、当時の話のあれこれを聞いた。まるで、映画のような出来事ばかり。

 先日、お会いした横須賀の澄江さんから、敗戦後まもなく書いた手記が送られて来た。四百字詰め原稿用紙で120枚はある。ざっと目を通しただけでも鬼気迫る体験が赤裸裸に書かれていた。澄江さんの哀しみの深さをあらためて思う。

 夜、新宿に出た。タケ先生の所で鍼をうってもらう。先生は不在でお弟子さんの小池さんが治療してくれる。このところ、トイレが近くなっていることや左肩がはっていると私は告げた。最後の客だったせいか、いつもより長く時間をかけて治療していただいた。最後に頭頂部にお灸をすえてもらう。鍼の先にモグサを付けるのでなく直のお灸だ。これが、脳天をズきーっと刺すようで痛気持ちいい。終わった後、しばらく動けず。

 治療院を出て、歌舞伎町のホテル街を行く。近年、ホストクラブの看板が増えている。

紀伊国屋で資料となりそうな本を漁った。泉麻人『シェーの時代』、長谷邦夫『漫画に愛を叫んだ男たち』赤塚不二夫『赤塚不二夫120%』。DVDもレンタルした。「八甲田山」「半落ち」「刑事」「君よ憤怒の河を渡れ」。
そのまま、ゴールデン街の「とんぼ」に行く。店は開いたばかりで客はいない。アキ子さんと軽口をたたきながら熱燗を飲む。そうこうするちに、先輩がやってきた。カジキのかまと大根の煮物がうまい。ほくほくしながら大根を頬張る。30分ほどいて、店を出た。
 新宿南口までぶらぶら歩く。相変わらず人は多いが、どことなく活気がない。ピンク映画館の前に立って、映画の看板をしばし眺める。「情痴」という青いペンキ文字がいい。

 山手線の車内で『漫画に愛を叫んだ男たち』を広げる。読み始めたら止まらなくなった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-01-21 08:47 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 奄美の友だち 光の踊り場 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧