人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

割愛の仕方

映画「クライマーズ・ハイ」

横山秀夫の小説『クライマーズ・ハイ』(2003年)は、半年ほど前に知人に薦められて読んだ。よく出来た小説で面白く読み、遅ればせながら作者の横山秀夫の力量に感心したことを覚えている。この小説は後にNHKのドラマ(2005年)にもなって、いくつかの賞を獲得したことも知ってはいた。だから、映画化がされると聞いたとき、同じ題材で製作するのは難しいのではないかと思ったし、尺の長さにかなり無理が出るのではないかと危惧した。ところが、その映画「クライマーズ・ハイ」(2008年)を昨夜見ると、私の抱いた懸念はまったくなく面白かった。

1985年8月、日航ジャンボ機が墜落。犠牲者は500人を越える史上最大の飛行機事故が発生した。墜落現場は群馬県御巣鷹山。地元の新聞社、北関東新聞は他社に負けるわけにはいかない。といっても、朝、毎、読の中央紙は組織の規模からいってもなかなか太刀打ちできないのだが、地元の意地にかけても紙面の充実を貫こうとする。この指揮を遊軍記者悠木和雅が命じられるのだ・・・。

ローカル新聞社と中央紙、新聞社内の現場と営業、ベテランと中堅などの対立の人間模様が、原作では克明に描かれ、かつ主人公の内面も複雑に動き、そこが物語の面白さの一つになっている。ところが、映画の前半はかなり端折っている。だから、見始めて10分ほどは期待外れだった。この映画の監督原田真人はかつて、浅間山荘事件の映画も撮っていて、それは面白くなく、途中で見るのを放棄したことがある。今回もそれかと思った。ところが、登場人物が生き生きしていて、物語の展開力が15分過ぎからぐんぐん出てきたのだ。しかも、山場は小説とは違う、映像ならではの設定あることなど、映画としては十分楽しめた。テレビの脚本とどれほど違うのかは分からないが、これであれば、先行する作品があっても、興行は十分成立するのではないかと思った。

ただ、私は原作を読んでいるから、説明がなくても分かったが、初見の観客ならば分かるのだろうか、そこがいささか気になる。原作通りにシナリオ化すれば、この映画はゆうに3時間は越えるだろう。それを映画的な尺(長さ)にするためには、いくつも割愛しなければならないことは分かるが、それによって、理解を妨げることにもなりかねない。このあたりのシナリオ化の戦略が妥当であったかどうか。
例えば、このドラマの対立軸の一つであるベテランと中堅。古参の記者には、かつての栄光である「大久保・連赤」を背負っている。それが、ノー説明で、ぽんとセリフで出てくる。原作を知っているものには、それが連合赤軍事件や大久保清の誘拐事件を指すということは分かり、当時の事件に関わった古参たちのプライドになっていると理解するが、初めて見る人には唐突ではないのか。その類いがいくつも見受けられる。逆に、息子との関係は思わせぶりに何度も紹介されるが、中途半端で、それはラストシーンのオーストラリアの蛇足感につながっていく、と私はみた。

でも、よく出来た映画だ。なにより、無名の役者たちが素晴らしい。昨年見たフジテレビの「赤塚不二夫」のドラマでも無名の役者が活躍していた。なんとなくドラマはスターシステムでないと成立しないのではと思っていたことの不明を恥じる。むろん、名のある役者がメインにいなくては興行としても困難になることは知っているが、大事な役回りに無名でも十分、ドラマはもつ、ということを思ったのだ。例えば、交通事故死する新人記者、特ダネをつかまえてくる女性記者、社長の前秘書たち。
無名ではないが、螢雪次朗、堺雅人、でんでん、はいい。山崎努はキャラクターはいいのだが、あのごつい体で車椅子の怪人というのはぴったりこない。むしろ、みすぼらしい外観で悪辣なというのがのぞみたかったな。

なぜ、こんな見方をするかというと、今、「ドラマ」のシナリオを作っているからだ。私たちのドラマは90分。ここにどれだけ面白い内容を盛り込むことができるか、今格闘している。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-01-17 10:03 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< 東海道線のオアシス そうだっけ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧