人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

若い力

若い力

休日で、家にいてテレビを見ていると、ふだん見ない番組も見る機会がある。本日、2つの番組を見て感銘を受け、NHKに新しい力が育っていると感じた。

1本目は、昼過ぎに教育テレビで放送された「福祉ネットワーク」で、「“働く”を問い直す若者たち(1)発信編」という内容だった。若者の労働問題をテーマにした雑誌が相次いで創刊されている。その流れの底にあるものを、番組はみつめていた。派手な動きや画があるわけではない。その雑誌を作り上げている人たち、その工夫をきちんと見つめて、現状を報告するだけのものだ。特番ではないレギュラー番組の地味な作りながら、けっして退屈するものでない。「物語」が停滞しない。かつ、制作担当者の伝えたいことがよく分かった。

2本目の番組に私は引き込まれた。夕方6時からの「ホリデーにっぽん」だ。この枠は休日だけのもので、日本全国の若手のディレクターたちが力を尽くすいわば登龍門だ。1月17日の阪神・淡路大震災の日が近いということもあって、あの震災で傷ついた人を追っていた。阪神・淡路大震災からまもなく14年だ。被災地神戸は現在復興がなっている。町の外観はそうだが、復興の歩みに乗り遅れるように、社会から孤立して生きている人たちがいたのだ。

震災障害者――あの大震災で大けがをし人知れず苦しんできた人たちをそう呼ぶということを初めて知った。落ちてきたピアノのために、頭のある部分を切除したため障害が残ったという28歳の女性を、番組はみつめている。それまで普通の中学生だったのだが、その事故を境に人生ががらりと変わる。精神的な傷が今も癒えておらず、それと闘っている。
その彼女がある講演会で、自分の体験を発表することになって、四国にわたる。そこで、まだ触れたくない震災体験の惨状を、偶然聞かされてしまったところから、彼女の苦しみは再び始まる。そのことの解決の方途は番組では示されず、彼女のその後のことも映像としては提示されないまま、番組は終わった。

物語としては物足りないと見る向きもあるかもしれない。でも、私はこれでいいと思った。安易な解決を求めるのでなく、問題はまだ先に続いていくのだという、制作者に安易さを許さず、かつ視聴者にもカタルシスを与えない、この方法でいいと思った。

1本目のスマートな取材に比べて、2本目は必死で被取材者にくらいついている。多少、はらはらする質問を投げる女性ディレクターはまだ若いだろう。
課題は残るにしろ、懸命さとがむしゃらぶりに、私は褒めてあげたい気がした。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-01-12 20:07 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< 戦死させられた女 都会のオアシス しろがねの森 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧