人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

純情徘徊二重奏

純情徘徊二重奏

目白、高田馬場、大久保、新宿、代々木、原宿、渋谷、恵比寿、目黒
山手線で18分かかる。途中に渋谷と新宿という巨大な町があって、電車はそこで大きく人の流れが変わる。だから何だといわれると弱ってしまうが、この二つの町のことが気にかかる。たしか、白土三平の「赤目」に二つの町の名前の由来があったと思うが――。

昨夜遅く、目白の寒風のなかを歩いた。人影の絶えた町をほっつき歩いて、駅に向かう。その直前に入った居酒屋で私は定期入れをなくしたことに気がついた。一瞬酔いが醒める。クレジットカードは別にしてあるが、身分証明書と定期券が入っている。所持金は2000円ほどだが、2つの券は失うと手続きが面倒だ。しばらく途方にくれた。南長崎の二俣交番には灯りがあった。居酒屋の近くの交番だから、一応届けようと思って、戸を開けた。

気のよさそうな中年の警官が座っていた。「えーと、財布を落としたのですが・・・」と切り出す。
警官は私に椅子をすすめて、「では、この用紙に詳しい経緯を書いてください」とA4大の紙を渡される。住所と電話番号、年齢を記す。「どんな財布なのかも書いてください」と促されて、黒の二つ折りの定期入れと書く。なかに入っていたものもできるだけ詳しく書いて、運転免許証なんかもあったらしっかり書いてと、中年の警官から代わった若い警官が言う。
(あれ、なんで、そんなことを知っているのだろう。たしかに財布に運転免許のカードを今日にかぎって入れていたはずだ。ひょっとしたら、財布はこの交番に届いているのかしら。)
私は慌てて、免許の記載内容を詳しく書いて、若い警官に提示した。

警官は隣の部屋に行き、ビニールに入ったものをぶら下げて戻って来た。私の黒い財布が入っていた。よかった。どうやら、目白駅から乗ったタクシーのなかに置き忘れて、この交番の前で私は降りたようだ。いい運転手さんだったので財布を交番に届けておいてくれたらしい。かくして、財布は無事回収できた。二人の警官に私は何度も礼を言って交番を出た。

再び、目白にタクシーで向かう。がらがらの町を車はビュンビュン飛ばし、1分ほどで着いた。山手線のホームの階段を降りていくと、ちょうど電車が発車したところだった。次の電車がまで5分ほど間隔がある。ベンチに座って待つことにした。吹き抜けのホームは寒い。酔いがすっかり醒めた。

電車が来て、5号車に乗る。3人がけの端が空いていたので座る。車内は暖かいので目がとろとろする。新宿までは覚えているが、後は夢のなか。

でも、まあ、こうやってパソコンを打っているのだから、無事に帰り着いたのだろう。こうやって、記憶は砂時計の砂のようにぼろぼろと零れていく。

あ、思い出した。昨夜の居酒屋で京都から来た葱男さんと五木寛之のことで言い争ったことを。争うというほどでもない。互いに好き嫌いに分かれて言い合っただけだが。4歳下の葱男さんは京都で染色の工房を開いているといっていた。金を節約するために深夜バスでこれから帰るのだが、その前に酔っぱらっておくと楽だと笑っていた。笑顔がよかった。
なぜ、そんな町に行ったのだったか、そこが思い出せない。純情徘徊二重奏。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-01-12 11:00 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented at 2009-01-13 04:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 都会のオアシス しろがねの森 不在の肉体 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧