人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

不在の肉体

不在の肉体

昨日は風が冷たかった。権之助坂を下りて目黒川に向かう辺りでは、正面から木枯らしを受けた。川沿いに図書館へ向かったが、区立美術館のポスターが目にとまった。「ヒロシマ/ヨコスカ」という展覧会を指示していた。ヒロシマという文言に惹かれて入った。

石内都という写真家の作品展だった。1947年生まれの作者は美大の染色デザインを中退して最初に撮った写真群「APARTMENT」が木村伊兵衛賞を受賞している。その作品から始まり横須賀ストーリー、連夜の街、東京歯科大学、モノクローム、手・足・肉・体、爪、とざわりと目ん玉にじかに張り付くような写真を撮っている。横須賀出身の彼女はその町でうごめく男女の姿をつげよしはるの黒い影のような存在にして見つめている。トキワ荘のようなアパートが憮然と写っている。爪とか肩とか脛などを毛穴が見えるほどの拡大にして切り取っている。ささくれた爪やケロイドの肩などがあるが、不思議と不快な気にならないのは、あまりに寒い日に私がそれを見ているからか。もしくは、石内の視線がフラットだからだろうか。フラットといっても平板ということでなく、等価に見ているという意味なのだが。

ところが、ヒロシマでは肉体はなく、被爆した人たちの衣服が写されているのだが、こちらは生々しい。不在の肉体にもかかわらず、痛みやうめきが残響するような作品だった。
その写真群のなかで、女学生の焼け焦げた制服に「宇根」という名札がはっきり写っていた。その名前には覚えがある。3年前に制作した「僕はヒロシマを知らなかった」という番組で案内役を担当してもらった女性の名前だ。その人は被爆当時保母さんだったから、女学生の宇根さんは身内か親戚の方になるのではないだろうか。私はどきっとした。

先日、友人のカメラマンの死に際して、亡骸を見た。それは肉体はあるのだが、何かが不在だと感じた。では、その何かはどこに行ったのか、不在とはどういうことか、考え込んでしまったことを思い出す。

会場はおおぜいの人がいた。意外だった。特に私と同世代と思われる男女の姿が目についた。会期は1月11日、つまり本日まで。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-01-11 11:01 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented at 2009-01-11 19:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 純情徘徊二重奏 早くジジイになって >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧