人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

アディクション(嗜癖)

アディクション(嗜癖)

アディクションとは、わかりやすい言葉で表すと“のめりこむ”“はまる”ということだそうだ。癖になるというやつだ。習慣的であった行動が、自分の意志でコントロールできなくなる状態をさす。植木等さんの言葉じゃないが、分かっちゃいるけどやめられないということだろう。

昨夜、同じ仕事仲間と話をしていて、気がついたことがある。「番組制作」というのはアディクションかもしれないということだ。3年前に定年になってからずっと違和感をもってきたのは、仕事を減らせ、できるだけ自分の人生を考えろというアドバイスだ。いつまでも、元の職場や仕事ぶりにこだわっていては駄目。もっと自分の人生を楽しみなさいという助言は、いくら聞いてもぴんと来ないのだ。現役時代にやろうと思っても出来なかったことや、家族サービス、孫とのふれあい、地域との交わり、そういうことに目を向けなさいと言われても他人事のようにしか響かない。

だって、番組を制作するというのは、そんなことよりずっとスリリングで面白いのだから、これに叶わないやと思っていた。
昨夜、私より5歳下の仲間が、やはり番組を作ることは楽しいですよね、これから抜けきるのは大変ですよと、“本音”をもらしたので、私は、その通り、こういうのはワーカホリック(仕事中毒)というよりアディクションだよねというと、すぐ彼は同意した。

そうか。私だけじゃないのだ。ディレクター仲間はけっこうそれで悩んでいるのだ。
M君などは、現場を離れてから、番組を作らないという自分の境涯を受け入れるのに5年以上かかっているそうだ。いまだにまだ納得していないとか。

ネットの解説によれば、アディクションは、自分の意志でコントロールがつかない状態だから、自分の力だけでは問題解決は難しい、ということだ。
専門の治療・援助や仲間の力を借りて治すことは出来るそうだ。専門家はともかく仲間による自助組織の考え方には引かれる・
《同じ悩みや問題を抱えた仲間同士で支えあいながら回復を進めていきます。「悩んでいたのは私一人ではないんだ」という気づきや、仲間の体験などからヒントを得られたり、共感や支えを得られたりすることは、アディクションを乗り越える大きな力になります。》
なんか、ここにヒントがあるような気がする。

だって、「番組制作アディクション」は当人にとってきつい。本屋へ行くと、探すのは今売れている本はどういう傾向かということばかり。自分が読みたい本より、世間が欲望していることばかり気になる。他人が作った番組でも、構成の仕方やナレーションのコメントにすぐ関心を向ける。これが、長い間かけて、番組制作を通じて培ったアディクションなのだ。これからの脱出は、同じ境遇の仲間を募って、互いに自分のアディクションぶりを、面白おかしく語ることではないだろうか。

オレだけじゃないんだ。みんな、こんなことで悩んでいるのだと知ったら、もう少し楽になれるかもしれないじゃないか。

追伸:今、ニュースで、アカハネケイコさんが解放されたと伝えている。嬉しい。よかった。「世界の医療団」の活動がこのことでしぼむことがないことを切に祈る。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-01-08 19:20 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented by tera at 2009-01-11 20:14 x
京の小道で検索を掛けたらここに出会いました。すごいブログですね、アディクションになりそうです。
<< あるエピソードから 1155 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧