人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

99歳の記憶と実感

99歳の記憶と実感

昨日は、およそ4時間にわたって大伴昌司母堂アイさんの話を聞いた。アイさんは来年数えで100歳である。福島県の出身で、宇都宮の女学校を卒業後東京に出てきて通信社の女性記者として活動し、25歳で結婚して、大伴昌司を得た。結婚相手はアメリカ帰りの評論家四至本八郎である。彼は大阪泉州の出身で早稲田を卒業後アメリカに渡り、カリフォルニア大で学んだのち、サンフランシスコの日米タイムスの記者として筆を振るう。帰国後はアメリカでの知見を広く世間に伝え、「頭脳(ブレーン)トラスト」など戦前のベストセラーをものした。

アイさんの女性記者時代の数奇な人生は最近荒俣宏氏が聞き書きして、ある銀行のPR誌で紹介され話題になった。出口王仁三郎や林芙美子と直接言葉を交わした体験が実にみずみずしく表されていたのだ。

99歳の記憶はあまりに膨大だから、ここでは夫八郎にまつわる戦後史を少しだけ記す。サンフランシスコ講和条約の前の年のことだから1950年の出来事だ。
その年のクリスマスイブに夫の八郎は長野県選出の代議士植原悦二郎といっしょにアメリカに旅立った。日本の独立を求めてアメリカ国務省との交渉にあたるためだ。この機密命令は当時の首相吉田茂筋から来た。アイさんは詳細を聞かされていないが、うすうす感じた。植原は副総理格だった。ワシントン州立大学出身の植原とカリフォルニアでジャーナリストとして活躍した八郎の二人がその重大な任務を与えられたのだ。

当時、アメリカ占領軍はまだ進駐を続けたいと考えていた。というのは、本国に帰ってもたいしたことのない連中だが、占領国にいるかぎりにおいては好き放題なことができる「利権」を手放したくなかった。だが、この連中と関わっているかぎり、日本の発展は望めないと一日も早い独立を吉田茂は目指した。と、アイさんは解説してくれた。なかなか面白い話だが、どれほど実体があるだろうか。この辺はウラをとってみないといけないだろう。いずれにしても、占領からの脱出は日本人の悲願であったのだろう。

1950年のクリスマスは寒い日だった。羽田から飛び立つというノースウェストのプロペラ機はみすぼらしくこれで太平洋を飛べるのかとアイさんは思ったそうだ。航路はアリューシャン列島を飛び石のようにした。
このとき、八郎が支給されたのは一日25ドル。こんな金額ではワシントンでは安宿にしか泊まれず、アメリカの役人から見透かされる。所持金を個人的に工面すべきと、上原は株券を売った。八郎は貯金をおろしニコンのカメラを2台買った。これをアメリカで売却して得た300ドルをもとに500ドル所持した。これらはあくまでポケットマネーで、その後も日本国から何も支給されていない。アイさんはこう言った。「昔の政治家は国のためには自分の財産も投げ出すという気概がありましたよ」
こうしてワシントンに入った二人は次の年の3月まで、毎日国務省とやりあった。
帰りの飛行機は軍用機でグアム島に到着し、そこから日本へ帰還となった。

そして7月。吉田茂はサンフランシスコに出掛けて、講和条約に調印し、日本の占領が終わることとなる。

八郎はおしゃべりで、何でもアイさんに話す人だったが、このときのことはいっさい口を噤んだ。何があったか、誰と交渉したか、いっさい話をすることもなかった。こういう「覆面大使」の出来事があったと自慢することもないままこの世を去っている。

私は初めて聞く話だった。アイさんの証言がどこまで歴史の事実と合致するのか知らない。だが、その具体性にはひかれるものがある。少し、占領史でも紐解いてじっくり調べてみたい。一方、100歳の証言は今のうちにできるだけたくさん記録したいと考えた。
by yamato-y | 2008-12-30 09:14 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< 2008年大晦日 もみじ山 メディアの飽和点 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧