人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

暮れの取材

暮れの取材

暮れの忙しいこの時期に、わざわざ1時間空けていただいてインタビューをさせてもらった。
新井薬師に住むK元編集長である。Kさんには2ヶ月ほど前に一度話を聞いているのだが、どうしても事実確認をとっておきたいことが残っていた。この部分を持ち越したまま年を越すわけにはいかないと、いささか焦りぎみでアポをとってもらったところ、土曜日の夕方に時間を指定された。

寒風のなか西武新宿線で新井薬師まで行き、予定時刻より20分早く現地到着して、家の前でスタンバイした。Kさんはおっかないのだ。いかにも”鬼編集長”といわんばかりの立派なカイゼルひげの御仁だ。声は大きくときには小さく、爛々とした眼差しかと思えば慈愛に満ちた笑顔に豹変する、真意がどこにあるか読みにくい。若造であれば手もなくひねられそうな手強い人だ。前回もその迫力に押されて、一番大事な部分を聞き逃してしまった。そこを聞いておかなくではいけないと分かっていたのだが、その話を切り出すと怒鳴られそうな気がして、私は避けたのだ。ジャーナリストとしてはあるまじきことだ。
だが、日を追って聞かなかったことの重大さが明らかになってきた。キッズカルチャーの黎明期の重大な案件を立証する、たいせつな事実だということが浮き彫りになった。ここを外しては物語が成立しない。そうして、意を決して再度挑戦となったのだ。

午後4時、夕方のチャイムが鳴るのを確認して、呼び鈴を押した。

冒頭、お忙しいところ再び応じていただいて感謝していますとお礼を申し上げた。Kさんはここ数日いろいろなことがあって体調がややすぐれないような口ぶりだった。あまり長居はできないと、早速、用件を私は持ち出した。
すると、Kさんもその案件についてはいささか気になっていたので、きちんと話したいと考えていたと話すではないか。さすが、雑誌創刊の名人といわれるだけあって勘が鋭い。
詳細は書かないが、一つだけ心に残る言葉があった。「ぼくは、部下を引き連れて飲み歩くようなことはしない」
この一言であることが氷解した。Kさんはすべてを語るわけでなく、ある事実の存在を暗示してくれたのだ。このとき、私はサツ回りをする事件記者の苦労が少し分かった気がした。

Kさんの時代から「オバQ」のテレビ化が始まった。そのテレビが始まったとき、ある少年から投書があって、オバQの声が違うと指摘されたことがある。Kさんはこのとき、漫画を読むとき、いかに子供たちがその世界に没入しているかを知った。

お宅滞在は約束の1時間をはるかに越えた。6時近くまで、Kさんはあれこれ教示した。こんなに長時間話していても大丈夫だろうかと気にするほど熱心に語ってくれた。その間、私は2度トイレを借りた。「あなた、一度病院で診てもらったほうがいいよ」とやさしく忠告を受けた。

帰路、いっしょに行った仲間とKさんの男気について話し合った。本所生まれの典型的な江戸っ子であるKさんは、口は悪いが心根の実に優しい御仁だということで意見は一致した。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2008-12-28 12:15 | Comments(0)
<< 番組冥利 今年一番の冷え込みで >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧