人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ドキュメンタリーの現場から

「傷だらけの育て直し/家族修業」 フジテレビ 2005年1月18日放送

非行をおかした少年たちを引き取り、自宅で面倒をみている男、伊藤幸弘51歳。元暴走族の総長、強面だ。彼は問題を抱えた少年たちを引き取り、彼自身と実の娘2人と共に一つ屋根の下で暮らしている。ここで取り上げられているのは前回取り上げた「夜回り先生」と違って少年たちだ。 
 家庭内暴力、盗み、情緒不安定など少年たちはさまざまなトラブルをかかえている。
少年A、19歳。彼は暴力で母を傷つけた経歴をもっている。3年間伊藤の家に寄宿するなかで向学の志が現われ次第に立ち直っていった。そして母に会いに行く事になる。3年間のブランクを越えて二人は和解する。その側に伊藤はそっと立ち会い心を配っている。見かけによらず、伊藤は繊細でやさしい。
もう一人の少年B、17歳。彼は家に来てまもない。伊藤父娘は彼の素行に振り回される。幾度も改心を誓いながら裏切る少年B。彼の懲りない行動に見る側はやりきれなさをもつが、リアリティを感じもする。
 一方、話が出来すぎているという部分が気になる。少年Aが母と再会するシーンだ。ホテルの一室で、母と叔母、少年と伊藤の4人が集まる。ナレーションで「二人を残し伊藤とおばさんは部屋から出て行った」と語られる。母とAだけになる。カメラはそのまま撮影を続けている。息子は沈黙を破って口を開く。「自分が悪い事をしたって、すごく思っていて、結局今まで謝れなかった・・・」と告白する。母の目に涙。大事な場面だ。それは分かるがなぜカメラという他者の前で、こんな重大な話ができるのか。信頼されている伊藤ですら外へ出ているのに、カメラがきちんと撮影していることに違和感をもってしまう。
 ――部分的に制作のスタンスに首をかしげることが見られる。だからといって、このドキュメンタリーの訴えるメッセージ、主人公の伊藤幸弘の魅力、などが弱まるわけではない。
とりわけ、伊藤の二人の娘のけなげさは心に残った。
ドキュメンタリーの現場から_c0048132_13361793.jpg

「傷だらけの育て直し」から
よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-03-09 13:36 | 2004年度ドキュメンタリーの現場 | Comments(0)
<< ドキュメンタリーの現場から ブロギニスト宣言 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧