人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

二日続きのインタビュー

二日続きのインタビュー

昨日は茗荷谷で、少年マガジン初代編集長の牧野さんにインタビューした。一昨日は私のオフィスの会議室で、少年サンデー4代目編集長の高柳さんにインタビューと、2日連続の取材となった。
連続してみると、意外なおもしろい事実に突き当たる。
マガジンは講談社、サンデーは小学館、とほぼ同じ規模の会社の看板雑誌である。この二つの会社の風土というか社風のようなものをそれぞれ感じたのだ。

これまで、マガジンの関係者は自伝をいくつか著しているので、その雑誌の顛末がある程度知られていたが、サンデーは編集者の一人が赤塚不二夫との交友を描いた一冊があるだけで、編集部の実態というのがほとんど知られていなかった。だから、サンデーは秘密主義のやや暗い組織かなと勝手に想像していた。

ところがサンデー関係者と会ってみるとまったく違っていたということを知る。歴代編集長は明るい。かつ情熱的だ。みな、こどものための文化を創造するのだという熱い使命をもっていた。これは、小学館という会社が学年誌という学習中心の書籍作りから始まることに由来するのであろう。

比べて、マガジンは大日本雄弁会講談社を祖とする娯楽書籍を開拓することから始まっている。サービス精神が旺盛であること新しいことへの好奇心はえらく強いのだ。そして、戦前の名雑誌といわれた「少年倶楽部」を作り上げたという実績がバックボーンとしてある。

昭和34年の3月17日に同時発売となった、少年サンデーとマガジン。最初の4,5年はサンデー側が一歩リードした有利な展開が続いたと思うが、必ずしもサンデー関係者はそう見ていない。互角かもしくは抜きつ抜かれつの接戦であったのではないかと認識している。

そのシビアな認識のかげに、戦前の「少年倶楽部」の伝統をもつ講談社はきっと何かをしかけているにちがいないというトラウマのようなものがあったのではないだろうか。

それにしてもこの二つの雑誌のライバル関係は面白い。もしライバルのない一社体制で少年誌を作っていたら、今日のキッズカルチャーの隆盛はなかったかもしれないと思ってしまう。互いに相手の手法を意識し、それを上回る戦術をくりだして、かつ相手の仕掛けを封じ込める。オフェンス、ディフェンスのせめぎ合いが、後年の漫画文化を育成していくことになったのではないだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-12-11 16:28 | Comments(0)
<< トキワ荘のあった場所 鬼軍曹 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧