人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

鬼軍曹

鬼軍曹

「釣りバカ日誌」の漫画家北見けんいちが、少年サンデー50年の思い出として書いている話から。 40年ほどまえ、北見が赤塚不二夫のアシスタントだった頃、赤塚のお使いでサンデー編集部に行くと大声でどなっている鬼軍曹と呼ばれる編集者がいた。それが、後に5代目サンデー編集長となる高柳さんだ。

若い頃はすごいハンサムだった高柳さんは現在70を過ぎた好々爺の風貌となった。昨日インタビューをした。とにかく記憶がいい人だ。おまけにいろいろな資料を保有している。例えば副編集長に命じられたときの辞令まできちんと残してある。だから、いろんな事件の日付などもきちんと確認がとれる。およそ3時間近く話を聞いたが、まったく時間が足らなかった。この証言は来年の特番にきちんと披露するつもりだが、一つだけ心に残ったエピソードを紹介しておく。

今では考えられないが、40年前は、土曜日は編集部を読者の少年たちに開放していた。半ドンで学校を終えたこどもたちが神保町の小学館に来て、記事を作っている編集者たちとあれこれ懇談することがあった。
鬼軍曹が二人の少年と話している当時の写真がある。少年たちは世田谷の北沢から来ていた。一人は自分で漫画を描いていると語った。軍曹が「どんなものを描いているの」と聞くと、「オバケ」。ちょうど冬で雪が降っていた。「オバケなんてものは夏のものだよ。冬なんて季節が合わないよ」と軍曹がたしなめると、「オジサン、古いよ。冬だから面白いのじゃない」と少年はきっぱり言った。この言葉が鬼軍曹の心に残った。

編集者会議で、軍曹はこの話を持ち出した。藤子不二雄の連載「海の王子」が終わったところだったので、彼らにオバケの話を描いてもらったどうだろうということになった。早速、担当者が藤子の元に行き話をすると、その企画ならやってもいいという返事があった。

 数日後、藤子の元を訪れると、オバケの名前は「Q太郎」という。編集者たちはなんだか古臭いから変えてほしいと頼んだが、藤子はけっして変えようとしない。せめてQ太ぐらいにならないかと言ったがダメだった。こうして、短期の連載ということで「オバケのQ太郎」が始まった。
 始まったものの、まったく読者の反応がなかった。人気がなかった。
「やっぱり冬のオバケはダメか」と鬼軍曹は考えた。当初の予定の6週が来たところで連載を打ち切ることにした。藤子不二雄にも「オバケのQ太郎」の打ち切りを伝え謝った。

ところが、休止した翌週から編集部に手紙や葉書が舞い込みはじめた。「なぜ、オバケのQ太郎をやめたのか」という抗議の声が次第に大きくなりはじめた。これはオカシイ。ひょっとすると子どもたちの心を「Q太郎」は掴んでいるのじゃないか。鬼軍曹は慌てて連載再開を編集長に進言した。
 ――その後の大成功はよく知られている。

 鬼軍曹は熱血漢だった。受験戦争や偏差値でガンジガラメにされていく子どもたちに、遊ぶ時間や原っぱや友達のことを与えてやりたいと願って、少年週刊誌「少年サンデー」を作っていた。建前やきれいごとばかりのPTAや教育ママなんてくそ食らえと、編集部にあって檄を飛ばしていた。もちろん、ライバル「少年マガジン」にも負けるなと若い編集者たちを叱咤していた。その頃のエネルギーのようなものが、昨日のインタビューでも時折溢れ出ていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-12-10 08:39 | 少年誌の青春時代 | Comments(0)
<< 二日続きのインタビュー ちょっと嬉しいリアクション >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧