人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

光男くんの碑

光男くんの碑

明け方夢をみて、その後尿意を催して目が覚めた。
トイレから帰って来て、ぼーっとした頭でこれを書いている。久しぶりに夢に出てきた小学校時代の友だち光男くんのことを忘れないうちに書いておこうと思ったから。時計の針は午前6時を指している。

巻き毛(といっても女性のような状態でなく、短い髪がくるくるリング状になっている)が特徴だった光男くんが中学生の姿でちらりと現れた。同級生だが先年亡くなっているから、私と遊んでいた頃の光男くんの姿だ。でも、夢のなかでは1カットしか彼は出て来ない。

田舎の駅に列車が近づいて徐行している。線路のワキに光男くんの碑が立つということで、私は参加している。その参列者のなかに中村錦之介(萬屋ではない、若い頃の彼だ)や大瀬康一らがいる。関係者らがざわざわと碑の周りにいる、といった夢だった。どうってことのない、だけどなぜか往年のチャンバラの映画俳優やテレビ俳優がなぜ出てきたのか説明のつかない夢だったことが不思議といえば不思議。だが夢は覚醒時とは違う論理だから、ま、深く考えまい。久しぶりに現れた小学時代の友のことを覚えておきたいと思って、パソコンの前に座った。

それまで朦朧と片目だけ開けて画面を見ていた。7時になった。ようやくしっかり目が覚めた。フォントが明朝体に変換されていることがきちんと把握できたから、満更夢うつつでもなかったらしい。窓から空を眺めると、どんよりとした冬の雲の端に青空がうっすらと見えている。今日も寒いかもしれないが、晴れそうだ。

昨日は2ヶ月ぶりに句会に参加した。自由題40首、兼題30首を味わいかつ選句するのは、かすかな緊張があって面白かった。知らない季語が頻出で、充実した歳時記を入手の必要を痛感。「名の木枯る」・・・杉やケヤキなど知られた木が枯れるさま、という冬の季語。「一文字」・・ネギのことでこれも冬。歳時記の傍題の読み方を教えてもらう。いわゆる見出し季語の派生語のことだ。例えば、霜の声というのは見出し語「霜」の「傍題」となり、霜が立つ音を表す。つまり霜を聴覚から受け止める。これを知ると知らないでは大違いとなるわけだ。

句会のあとの定例の飲み会で目白に午後10時までいた。今年一番ではないかと思われる冷たい風が吹いていた。そのなかを、帰ってきて、風呂に入ったらすぐ寝た。
ぐっすりと眠った。
その眠りの最終コーナーのなかで、光男くんが夢に現れた。
どうしてかな。あのころ仲のよかった4人組の、ただ一人光男くんだけが夢にときどき出てくるのは。早く亡くなったからだろうか。
他の二人にしても消息が知れないから、同様の喪失感があるはずだが、ない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-12-08 09:58 | Comments(0)
<< ちょっと嬉しいリアクション 失われた場 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧