人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

失われた場

失われた場

 2冊の本を並行して読んでいる。1つは、水村美苗『日本語が亡びるとき』、もう一つはメアリー・C・ブリントン『失われた場を探して』。ひとつは評論のような小説であり、ひとつは社会学的日本研究の書、ということになろうか。水村の本は今話題になっているので手にとったが面白い。中年女性の落ち着いたかつ落ち込んだまなざしの文章は劇的なことは何も起こらないが読む側にひたひたと押し寄せてくるものがある。この本については、読了してから書いてみよう。

 ブリントンの本は現代日本社会を捉えるのにとても重要な視点を提供している。現在ハーバードで教鞭をとっているが、彼女の日本研究は30年におよんでいる。しかも90年代に日本に滞在して調査したものをベースにして今回著したのだ。

バブルが弾けた後の就職氷河期時代に社会に出て行った人たちはロストジェネレーション(失われた世代)とよばれているが、その人たちの失われたものをブリントンは調べている。
彼女は「外にいる者だからこそ見える」という。
《ある国や社会の「あたりまえ」は、私のように外から見たほうが目につきやすい場合もある。》

 高学歴社会のなかで高校卒という立場は微妙になった。かつて機能していた学校、企業、親などが破綻したという現実を、ブリントンは実際に神奈川の高校を調査してあぶりだしている。ニートとかフリーターとかの問題群を考えるときに出てくる大げさな社会政策や教育論などをふりかざすことなく、実際に若者たちのそばで、彼らの人生をじっくり見つめている。つまり上から目線でない。しかもブリントンはこの若者たちをいつか救済したいという真情があふれている。

こんなエピソードがある。高校ではアルバイトは禁止されているが、実際はほとんどの生徒がコンビニやファーストフードの店で働いている。それは、また安い労働力を提供することになり、彼らが正式に仕事に就こうとするときに足を引っ張っていることになる。しかも、深夜のコンビニでバイトした結果、昼間の学校では居眠りする実態。
――なるほど、日本人にはあたりまえにしか見ていなかったことが、ガイジンのブリントンによって抽出されてくる。

1960年代から30年ほど続いた終身雇用という幻想は、日本社会の歴史でもきわめて稀なものであったという。その後の社会では転職、異動、という形に職業観が変わっていっているにもかかわらず、そういう状況に対応する知恵が、今の日本の若者がもっていない、もつ訓練がされていない、というブリントンの指摘にはぎくりとする。というのは、その稀な30年という時代を、私ら団塊の世代は生きてきたのだ。私らの体験でもって、彼らをはめ込んだり説教したりこと自体、お門違いということになるではないか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-12-05 12:04 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 光男くんの碑 命終 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧