人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

最後の講演

向田邦子、最後の講演

「オール讀物」12月号が向田和子さんから届いた。何だろうと思ってページを繰ると、向田邦子の特集があって2つの記事があった。1つは「向田邦子、最後の講演『怖いことば』」。もう一つは向田和子「母のお辞儀・享年百歳、母・向田せいを悼む」。
先日、せいさんが亡くなっていたということが報じられたが、実際には今年の9月初めに逝去していたことを知り、その長寿ぶりに驚くとともに、「密葬」にされた和子さんの思いがなんとなく分かった。そのせいさんの思い出を和子さんが書いている。

 せいさんが米寿のお祝いのときにこどもたちに話した言葉。「お願いがあります。私が死ぬまで飛行機には乗らないでほしい。自分勝手で理不尽なことだと判ってのことです・・・」といって深々とお辞儀をしたそうだ。邦子が51歳で飛行機事故で亡くなった哀しみはいかばかりか。生前、せいさんは他人の前ではそういうことはけぶりにも出さなかったそうだが、内心たえず逆縁の苦悩をかかえていたのだ。
 先日、実家へ帰ったときも、83歳になる母はさかんに「長生きするのもいいけど、子供より長生きするなんて苦難にだけは遭わせないでくださいって、神様にお祈りしている」とこぼした。間近にそういう思いを知らされたばかりだけに、せいさんの淡々とした挨拶の言葉が悲しい。

 向田の「最後の講演」というのはスクープだろう。1981年2月に広島で行われた講演を、ある人が克明に記録していた。それを講演口調に再構成したのが、本記事である。向田という人はあまり講演をしなかった人だから、この半年後の不幸を考えると、これがおそらく最後の講演ということであろう。この講演のなかで、向田はある言葉を恐れていると語っている。
 《自分の状態によっても、言葉は変化します。たとえば、あたくしは6年前に乳がんの手術をしました。それからは、本を読んでも「死」という字が飛び込んでくるようになったのです。》
このエピソードは、邦子のエッセーでも読んだことがあるが、40代後半は乳がんの再発をかなり恐れていたのだ。ところが、母同様、邦子はまわりにはそんなことを気にしないかのように振る舞っていた。それだけに、この言葉を怖れた邦子の「泣き叫ぶような魂」が透けてみえてくる。

 ところで、講演を行った1981年2月25日。この日に、広島平和公園にローマ法王が来ている。雪が降っていたそうだ。

 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-12-03 08:03 | わが心のシーン | Comments(0)
<< 命終 定年祝い >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧