人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

自己回帰

自己回帰

近年、再帰的という概念がよく使われて、特に社会学的に考察されるケースをどういうことだろうと考えることが多かった。
だが、それとよく似た言葉だが、まったく違う「回帰」という言葉が昨夜来ずっと私をとらえていて離さない。
回帰ーー元へ戻ること。ぐるーっと動いて再び元の位置まで戻ってくること。

自分の人生にそれを見るのだ。敦賀で生まれ育って、金沢に出て、大阪ー東京—長崎—東京—広島—東京と転々とした。還暦となった。最後の東京へ戻ったのが1995年だから現在の位置には13年居ることになる。だから、ずっと東京にいた気分が最近多かったが、振り返れば人並みかそれ以上動いていた。ひょっとすると、今も移動中かもしれない。
そこで回帰ということが気になってくる。この場合の回帰は原点回帰ではない。つまり、敦賀に意味を見いだすのではない。自分がかってあった「場所」にもういちどこだわってみるということ。二つの町、金沢と長崎が浮かび上がってくる。

老人的な回顧といわれればそうかもしれないと答えよう。だが、過ぎ去りしことを再び呼び出すことは感傷だけとはかぎらない。なにか、そんなことを感じるのだ。

なぜ、金沢と長崎なのだろう。そこを知りたい。ただ直感で思うのは、その時代に抱いた希望とプライドを思い出したい。
井上靖の「流星」という詩を想起する。金沢の四高生だった井上が、ある冬の夜に内灘の砂丘に行って、マントにくるまって天を仰いでいる。夜空には満天の星。そこに、ひとつ流れ星。つつーっと流れた。

高等学校の学生の頃
日本海の砂丘でひとりマントに身を包み
仰向けに横たわって星の流れを見たことがある
11月の凍った星座から 一條の青光をひらめかし
忽焉とかき消えたその星の孤独な所行ほど
強く私の青春の魂を揺り動かしたものはなかった

今、引用して、自分が覚えていた詩と違っている。この流れていった星を、(私は)おのが額でいつかきっと受け止めるだろうと大志を抱いたと覚えていたが、そんな文言はない。
40年前、この詩を読んで、私はそう「誤解」して、今日まで来た。そういうことを考えてみたい。

 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-11-27 10:23 | 魂のこと | Comments(0)
<< 番組のご案内 わずか3ヶ月で >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧