人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ミュージカルに浸りながら

私を野球に連れてって

映画「Take Me Out to the Ball Game」(私を野球に連れてって)を見た。フランク・シナトラ、ジーン・ケリー出演のミュージカル映画だ。
先日読んだ津野海太郎さんの本を読んだ影響かもしれないが、無性にアメリカンミュージカルを見たくなって、この週末レンタルしたDVD4本のうちの1本をこれにした。

物語はどうってことないと誰かが批評していたが、その通り。だからといって悪いわけじゃない。戦前の陽気なヤンキー魂が幸せな形でよく出ていると思った。
20年ほど前に、シカゴでカブスの試合を見たことがある。その7回だったと思うが、チェンジタイムのときに、この主題歌Take Me Out to the Ball Gameが流れていた。

「フィールドオブドリームス」や「がんばれベアーズ」など野球映画はだいたい素晴らしいが、このミュージカルもいい。
日本でこの良き時代の野球をテーマにした「青春ミュージカル」を作るなら、ぜったいに昭和34年の長嶋が2年目、王が入団したときだ。阪神に村山がいて、セントラルリーグがパシフィックリーグを少しリードし始めた頃が一番いいと思う。

「少年サンデー」の初代編集長に聞いた話。創刊号の表紙の写真はどうやって決めたのですかと問うと、迷わず長嶋に決めたと答えた。どうして。
うちの子供たちが、巨人が負けると勉強しないのだよ。かみさんが手を焼いていた。それほど、巨人の長嶋の人気はすごかったのだよ。

小津の映画にも、たしかグローブと球を手にした幼い兄弟が出て来る。ちょうど、この時期ではなかっただろうか。ラジオの時代で、地方では実況中継の音声を聞きながら興奮したものだ。
だから、目の当たりに出来る高校野球は人気絶大だった。

ところで、日本の野球のミュージカルだったなら、どんな設定と仕掛けにするかな。
まず、主人公は兄弟二人。兄は5年生、弟は3年生。ベビーブーマーだ。地方都市に住んでいて、巨人の遠征がやって来るということで、家庭でも学校でも話題となり、入場するためにドタバタするなんてのはどうだろう。球場には大人の同伴でなければ入れないとなっている。兄弟の父親は野球なんてと関心を示さない。ともだちは新聞社に勤めている父親のおかげで内野のいちばんいい席をリザーブしたと自慢する。開催の日が近づくが、なかなか入場券が手に入らない。頼みの綱は、父の弟つまりおじさん。・・・・・

なんて妄想をガラガラめぐらす。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by YAMATO-Y | 2008-11-23 21:31 | Comments(0)
<< 一人酒 グリーフワーク >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧