人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

少年誌の青春時代①

少年誌の青春時代①

 1959年(昭和34年)の春、私は小学6年生になろうとしていた。春休み、家族で奈良へ旅行した。若い父と母、それに私と4年だった弟と行った。京都から奈良線に乗り換えるとき駅の売店で新しく出た本を買ってほしいとせがんだ。長嶋茂雄の表紙が光って見えた。少年サンデーの創刊号だ。だから、あの旅行の日付は3月17日だとしっかり覚えている。このときマガジンも同時発売されたのだが、私は買っていない。サンデーのページを繰って寺田ヒロオの「スポーツマン金太郎」にすぐ魅了された。さらに、「海の王子」というSFものの美しい描線に心惹かれた。作者はそれまで名前を聞いたことがない藤子不二雄という人だった。この人物は2人の合体だということを知るのはずっと後のことだ。

こうして昭和34年3月に、少年サンデーと少年マガジンが同時に発売されて、日本のキッズカルチャーは大きく動き出していくことになる。両誌は文字通りライバル、竜虎の戦いがきって落とされたのだ。サンデーは小学館、マガジンは講談社。社の規模や体勢からいっても互角の戦い。

先週、サンデー創刊のときのT編集長にインタビューした。面白い話をいっぱい聞かせてもらった。これらは、来年の特集番組で披露していこうと思うが、一つ二つ、ちょっと内緒で話したい。というか、ものの本や出版社の社史には書かれてあるから秘密の話ではないのだが、実際に当事者の口から話を聞くとめっぽう面白い。

小学館は「1年生」とか「2年生」という学年誌をもっていたから、漫画家ともカット(挿絵、イラスト)を描いてもらうという付き合いがあった。学習雑誌ということで、絵がきれいですっきりしている作家が重宝された。T編集長は当時人気のあった馬場のぼると並んで寺田ヒロオがお気に入りだった。伸び伸びとして健康的な絵柄は学年誌にふさわしいものだと考えていた。T、馬場、寺田で酒をよく飲んでいた。

少年週刊誌の漫画にはまずぜったいに手塚治虫を外せないとT編集長は考えた。「少年」で連載する「鉄腕アトム」は人気実力ともに漫画の目玉だった。ただし、彼の全盛は過ぎていたと認識している。 
 手塚以外には寺田ヒロオを起用するつもりでいた。強烈なヒューマニストである寺田は少年誌には欠かせないパーソナリティだとT編集長は考えていた。ある日、酒を飲みながらT編集長は寺田に聞いた。「君のいるトキワ荘には、漫画家の”たまご”がいっぱいいるけど、誰がいけると思う?」寺田はすぐ答えた。「藤子不二雄」

翌日、T編集長は編集部員を一人連れてすぐトキワ荘を訪ね、藤子に面会した。実際に藤子Aと藤子Fの2人が現れたとき編集者は驚いた。原作を高垣眸にして作画を担当してほしいと伝えたところ、藤子は承諾してくれた。

少年マガジンはサンデーより半年遅れて企画が出発している。発売日までわずかしかないから編集者たちは奔走していた。だが、漫画に関しては少年クラブなど月刊誌で漫画家たちとは付き合いがあるので少し安心していた。

2月11日(水)小学館編集者がトキワ荘の藤子を訪ねて執筆を依頼してから2日後のことだ。2月13日(金、)講談社編集者石原氏(少年クラブ)が来て執筆依頼するも、藤子は週刊で2本を描くのは無理と断った。(トキワ荘青春日記、藤子不二雄Aの記述から)マガジン側にとってみれば、たった2日の遅れがダメージとなる。

サンデーVSマガジンの戦いの緒戦は、トキワ荘グループを最初に押さえたサンデーが有利に展開していくことになる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-11-20 13:28 | 少年誌の青春時代 | Comments(0)
<< 少年誌の青春時代② 吾があかときの時 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧