人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

吾があかときの時

吾があかときの時

目が覚めたら6時半だった。大磯もみじ山の静かな夜に育まれて昨夜は熟睡した。

明け方に夢をみた。大学時代の仲間たちといっしょだった。当時のわたし達ではなく卒業して定年退職した仲間たちだった。それらが記念日に大学へ再び戻って祝賀した後、論文を提出すれば新しい資格(ひょっとすると修士ということか)を得ることになる、という日。

私は勇んで学校へ向かう。途中で森岡さんという女子に会う。学生の頃は眼鏡をかけていたが、今朝の彼女はそれがなく中年の麗しい奥さんになっている。うっすらと化粧していることに驚く。
大学の門をくぐると大勢の同窓生がいる。ざわめきの中からオルゴールのような音色が流れてくる。振り仰ぐと時計台のカリヨンから聞こえてくる。四高寮歌「北の都」だ。

♪北の都に秋たけて 我ら二十歳(はたち)の 夢数ふ
男(おのこ)女(おみな)の住む国に 二八に帰る術(すべ)もなし

1コーラス終わると、大きな歓声が起きてみな拳を空に突き上げる。私もそうした。懐かしく高揚するものを身内に感じる。
というところで目が覚めた。久しぶりに目覚めがいい。

トイレに向かい、帰りがけに裏のドアを開けた。正面に相模平野が広がり地平から朝日がさしていた。あかときだった。あかとき、暁(あかつき)ともいう。あかいとき、明るいときつまり朝方をさす古語だが、それにふさわしい日の出であった。

わが大磯は夕日が背中に落ちるので、朝日のほうが美しい。鎌倉や三浦半島から見れば夕日の里になるのだが、居住して見られるのは朝日なのだ。あかときがいい。

今週末、広島時代の仲間たちと旧交をあたためる予定になっていて楽しみにしている。15年前に仕事をした若手たちが声をかけてくれたのだ。嬉しい。小津の「秋刀魚の味」に出てくる田舎教師(東野英二郎)のような心境だ。そういうわくわくした気分が今朝のここちよい目覚めとなったのであろうか。
小津安二郎が死んだのは60歳、今の私と同年だ。なんと小津は大人であったか(比べて、なんと私は大人げないか)

ところで、昨夜嬉しい便りが届いていたのを忘れていた。3ヶ月前から参加している俳句結社「めじろ遊俳クラブ」の機関紙だ。先週、句会が開かれたのだが私は日本におらず欠席した。兼題が難しいので自由題のほうに2句だけ投稿しておいた。その一句が人位として選出されていたのだ。期待していなかったので嬉しかった。
コスモスや風より近き連れはなし 

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-11-19 07:49 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 少年誌の青春時代① 喪中の葉書 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧