人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

夜更けの電話

夜更けの電話

誰の詩だったか小説だったか忘れたが、こんな場面があった。東京の自宅から八ヶ岳の山の家に深夜電話をかけている・・・。時期は今頃で、山が冬支度に入る頃だ。夏しか使わない別荘だが、そこへ向けて電話をかけている。主人公は受話器を握りしめて、呼び出し音に耳を傾けている。誰も電話をとる者がいないことが分かっているのに電話をかける。
やがて、男のまぶたに山の家の光景が浮かんで来る。静まり返った部屋、誰もいない台所、かつて幼かった子供たちが遊び回った居間、廊下、玄関・・・。呼び出し音という手を伸ばして、遠く離れた山小屋を抱きしめている。

深夜の電話。あてのない電話。空しく凛々と響く電話。東京のベッドでじっと耳を傾ける。

河合隼雄さんが「ほんとうのところは『喪』は現代人にとってもきわめて重要なことなのである。」と書いている。
近親者が死んだ場合、喪に服する。その喪という行為、感情。
この河合さんの言葉は大江健三郎の『取り替え子』の書評にあったものだ。

『取り替え子』の主人公古義人は自殺した友人吾良の死を考えている。その吾良が送って来たカセットテープに深夜ヘッドフォーンで耳を澄ませながら考えている。死んで今はいない吾良の声をじっと聴きながら、古義人は喪の作業を行う。
古義人は著者を表すとすれば、千樫は著者夫人だろう。その人がずっと耐えてきている長い夜を思う。

ふと思った。河合さんが倒れて意識を失ってから3年以上経って、河合さんが亡くなってから1年以上経って、河合さんの奥様はずっと喪の作業に立ち向かっているのだ。そのことに今気づいた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-11-18 07:19 | 魂のこと | Comments(0)
<< 喪中の葉書 はっきし言ってオタクの味方です >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧