人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

スパイ大作戦から影丸を思う

スパイ大作戦から影丸を思う

イーサン・ハント、アメリカの秘密諜報員。ドム・クルーズ主演の「スパイ大作戦」、映画の題名は「ミッション・インポッシブル」。
私が見ていたテレビ映画「スパイ大作戦」が、映画でリメイクされたのだ。今夜、それがテレビで放映されている。

不可能なことを可能にしていくこの作戦が、昔から大好きだった。これって、しっかりした裏付けはないが、横山光輝の「伊賀の影丸」とよく似ていると思う。

先日、『少年サンデー』の初代編集長に取材した。昭和34年の創刊を立ち上げた人物だ。彼は横山光輝の才能を高く評価していた。34年当時に、手塚治虫の才能は頂点を過ぎていて、むしろ手塚亜流だったが、横山のほうがメキメキ力を発揮していたと見ていた。彼の言によれば、手塚は少年週刊誌が創刊される前にピークを迎えていたと見ている。月刊誌『少年』での連載「鉄腕アトム」がそれだった。それに比べて、横山は「鉄人28号」でブレイクし、サンデーでは3号あたりから始まった「伊賀の影丸」が横山の全盛期を形成していく。

編集長の印象に残っているのは、当時連載の漫画の原稿が届くと、もっとも編集者が群がったのが「伊賀の影丸」だったことだ。プロの編集者が続きを読みたいと生原稿に殺到するのは異例だった。同時に、これはいけると感じたのだ。

横山の画は手塚の影響を受けていたが、その当時には完全に手塚のエネルギーを上回っていた。

小学5年生だった私も影丸に夢中だった。画に動きがあった。すっきりした線で、きびきびと動いた。この動きがなんとなく「スパイ大作戦」と似ていると感じたのだ。そういえば、影丸もトム・クルーズのイメージに近い感じがした。

蛇足だが、「鉄人28号」はあまり好きではなかったが、「伊賀の影丸」は惹かれた。これは、後になってブームとなる白土三平の「カムイ伝」などにつながっていくのではないだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by YAMATO-Y | 2008-11-15 22:17 | Comments(0)
<< 卒中くらぶ 古沼の >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧