人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

古沼の

古沼の

昭和30年代になぜ「月光仮面」や「ウルトラマン」といったテレビ映画の名作が生まれたか。偶然ではないということを、今朝『「月光仮面」を創った男たち』(樋口尚文著 平凡新書)を読んで痛感した。

月光仮面が放映されたのは昭和33年。私は10歳、小学4年生。たちまち虜になった。
♪どこの誰だか知らないけれど という川内康範の有名な主題歌はすぐ覚えた。「ALLWAYS・3丁目の夕日」の時代だ。主人公の男の子と私は同年齢、団塊世代だ。当然だろう。この漫画の作者西岸良平も私と同じ年だから。

この33年という年は繰り返し語られるのだが、映画とテレビのメディアの大きな転換期だった。この年、映画の観客動員数は11億。史上最高である。ここから映画は傾いていく。5年後の昭和38年には半分の5億人まで落ち込む。その2年後に「ウルトラマン」が始まるのだ。

樋口が「月光仮面」で言おうとしているのは、この日本初のテレビヒーローを作ったのは映画界の最後尾にいた人たちが、テレビという新興のまだ海のものとも山のものともつかないメディアに「撲りこみ」をかけて大成功に導いたということだ。
当時、映画人たちはテレビを馬鹿にし、なめていた。自分たちの作品を「本編」と呼び、テレビのドラマは格下に見ていた。
「月光仮面」の監督船床定男は映画の助監督出身でそれまで監督演出の経験をもたない。主演の大瀬康一にしても映画の大部屋俳優だった。この下積みの人たちがテレビの初のヒーローを作り上げたのだ。

「ウルトラマン」のシナリオ作家上原正三さんに先月インタビューした。そこで一番面白かったのは、制作陣の互いのライバル意識ということだった。このドラマには2系統の演出があった。一つは東宝映画出身の監督、もう一つは円谷一を中心とするTBSドラマ出身の監督、だ。この二つの潮流がぶつかりあい、互いに切磋琢磨して熱い作品が生まれたのだと上原さんは見ていた。この二つの勢力の蝶番(ちょうつがい)の役割をライターの金城哲夫が果たしたことになる。

時代の大きな転換は点ではなくうねりのようなものだろう。花田清輝は「転形期」と表している。それをきわめて映像的な文章で表したのが有名な「古沼抄」というエッセーだ。
室町の動乱の時代、まさに転形期を生きた大名三好長慶が詠んだ連歌からそのことをつむぎだしている。その連歌とは。
古沼の浅きかたより野となりて すすきにまじる芦の一むら

ちょうど今頃の季節の連歌だ。冬枯れの沼の周りに芦が生えていて、それが岸にあがったあたりからススキが混じり、やがて野原となってススキだけとなる。芦→芦とススキ→ススキというのがまるで焦点深度の深いレンズで撮影されているかのような情景と重なって、このエッセーから転形期のイメージが与えられた。
世の中の変化、転形期とは芦とススキが入り混じるようなもの。「月光仮面」も「ウルトラマン」もそういうなかから誕生したということを、私はしっかり押さえておきたい。

今はどうか。テレビからネットに変わっていく転形期・・・。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-11-08 11:28 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< スパイ大作戦から影丸を思う いのち >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧