人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ミュラーさん

ミュラーさん

『アンネの日記』・・・あの戦争のさなかの出来事を綴った少女の日記である。
アンネ・フランクと彼女の一家ら8人は、ナチの追跡を逃れてアムステルダムの河畔にあるビルの隠れ部屋におよそ2年にわたって隠れて住んだ。そのときの様子を綴ったのが『アンネの日記』。やがて、彼女らの存在が密告によってナチに知られて、アウシュビッツに送り込まれる。そこからも移送され、ドイツ国内にあるベルゲン・ベルゼン収容所に連行される。そして、1945年3月にアンネはその収容所で病と飢えによって15歳の若さでこの世を去った。

『アンネの日記』は戦争が終結してわずか2年後の1947年に出版され、これまで50カ国で翻訳され3000万人の読者から愛され聖書に次ぐノンフィクションのベストセラーと言われている。60年以上経過しても、その感動はけっして古びない。それどころか、まだ新しい事実も発見される。

ウィーンの女性ジャーナリスト、メリッサ・ミュラーは1996年からアンネのことを調べなおした。事件から50年も経っていたのだが、40人近いアンネ関係者の戦後の人生を追って調査をしていくなかで、ミュラーは98年にとんでもないものを発見する。アンネの日記の欠落した部分5ページだ。これは、父オットーがアンネの日記を出版する際にあえて外した部分で、長い間、秘められていた。これをまだ20代であった女性ジャーナリストがスクープするのだ。彼女が著した「アンネの伝記」を今読んでいる。その取材の仕方などが、おおいに参考になる。

なるほどと思ったのが、天候のことである。アンネの50年前のさまざまな事件事象を確認していくミュラーの作業のなかで、その起きた日の天候をきちっと調べておくということだ。なにげない工夫だがきわめて大切なことだ。これとて網羅しようとなるとかなりのエネルギーがいるはずだ。それを厭わずやり遂げた地道な調査活動が、さらに大きな手柄に繋がっていく。

アンネ一家をナチに売った密告者をミュラーは特定したのだ。大きな組織に属するわけでもない若い女性が自分の足と勘でこんな大きな仕事を成し遂げたことに敬服する。

ミュラーの「アンネの伝記」を読みながら、一人の若い日本人医師のことを思う。
ソマリアで囚われの身になっているアカハネさんだ。彼女もアンネと同じくらい今心細い思いをしているだろう。なんとか、救出させてあげられる方法を見つけたい。

アンネの家の前に咲いていた薔薇の花が日本にも移植されて、今年も美しい花を咲かせたそうだ。一度見にいきたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-11-01 10:49 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< べしべしべし 文士 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧