人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

文士

嘘つきカモメ


太宰治は嘘つきだそうだ。檀一雄と二人で熱海へ逃げたことがある。そこで、二人は芸者の総揚げをやって大散財をしでかした。
もちろん二人には有り金がない。そこで、太宰だけ上京して工面することになった。その間、檀は人質である。
檀はハリムシロで太宰の帰りを待った。ちっとも帰って来ない。しびれをきらして、借金をした相手には平身低頭して理由を言って、東京へ帰らせてもらった。

太宰の行き先はおそらく師匠の井伏鱒二のとこに決まっている。檀は一路荻窪の井伏邸をめざした。
おとないを入れて井伏の書斎に通されると、縁側で井伏と太宰は悠然と将棋をうっていた。かーっとなって檀は「どんなつもりだ」と太宰に怒鳴った。
すると、太宰はこう答えたそうだ。そばにいた井伏が記憶している。
「待つ身より、待たせる身のほうがどれだけ辛いか」

井伏も呆れた。ぬけぬけと嘘を言っていると感じた。
こんな太宰の言は嘘の域には入らないかもしれない。友だちもそうだが、親、兄弟にももっともらしい嘘をつきまくっている。
太宰のすごいのは、嘘をついて呵責を感じるどころか、その嘘のような状態に自分はあるのだと,自分で納得してしまうことだ。本人にとっては悪気はなく嘘をつくことになる。

そもそも小説なんて嘘を書く商売だ。その点においては「天職」を太宰を選んでいることになるか。

太宰は日本浪漫派というグループに属していた頃は、中原中也ともいっしょだった。この人も個性がつよい。自己チューの人だ。
こんな二人が顔を合わせる会合というのはどんなものであったのかしらむ。

友に裏切られたはずの檀一雄は、後年、ニューヨークのホテルで太宰のもとへ行きたいと自殺を図ったと、「火宅の人」に記している。太宰は嘘つきカモメでもけっして憎まれるところがなかったようだ。この檀が滞在したグリニッジビレッジのホテルを私は檀ふみさんといっしょに取材したことがある。8階の部屋だったと思うが、窓から下をのぞくとかなりの高さで恐怖感があった。たしかに、檀はそこで太宰を思って煩悶しただろうが、自殺を図るというのは事実ではなく小説の企みだなと思った。つまり、小説家檀一雄も嘘つきカモメということか。

友に裏切られるという言葉でふと思い出した。太宰は友情の名作「走れメロス」を執筆している。この熱海の事件のあとに、メロスを太宰は書いているのだろうか。とすれば、自分の不人情を棚にあげて、美談までこしらえあげるとは、嘘つきカモメもたいしたものだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-10-29 09:17 | Comments(0)
<< ミュラーさん 画期的な技術(テクネー)  >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧