定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
多分、題名は「宇宙船のバ..
by ringman at 03:26
あぁ、あれをミュージック..
by ケンカバ at 11:28
こずえさん サリドマイド..
by まつおか at 18:00
突然すみません 子ども..
by タイトルがわからない曲を探してます at 15:38
コメントありがとうござい..
by yamato-y at 17:26
こんにちは。 ご無沙汰..
by なを at 10:45
まさか、前野博さんと知り..
by 稲川ファン at 03:44
ご用件分かりました。オー..
by yamato-y at 18:25
東京柳原病院在籍時、「モ..
by 有田和生 at 20:19
コメント失礼いたします。..
by MG at 18:14

呉の街

瀬戸内の海辺で

週末、尼崎、御影、広島、江田島へ取材に行った。久しぶりのロケにアテンドした。

ある戦没オリンピアンの人生を追う取材だった。その人は74年前の317日に激戦地硫黄島で戦死した水泳の銀メダリスト。その遺族親族の証言を得ながら、彼の、鮮やかに輝きそして一瞬にして消えた流星のような短い人生を浮き彫りにした。詳細は今週日曜日の朝7時半から8時までの中のどこかの時間帯で放送されるので、それを見てほしい。

 久しぶりに瀬戸内の海を見た。江田島市大柿地区、昔は能美島と言われた地がその選手の故郷だ。そこまで行くのは昔は連絡船を使ったが、今では広島から陸路で呉まで出て早瀬大橋を渡って行くコース。日曜の朝だったから渋滞することもなく広島から1時間半ほどで現地入り出来た。


途中、呉の街を通過するとき、25年前の出来事を思い出した。その頃、広島局に私は勤務していた。単身で赴任したが、2年目に息子が中学、娘が小学校へ入学する時期を見計らって呼び寄せた。ちょうど今時分だ。桜の花が開き始めたばかりだった。東京の学校から突然親の転勤で広島の庚午中学へ連れて来られた息子は大変だったはずだ。働き盛りだった私はそのことに気づいていなかった。

 広島の中学では制服があった。青いブレザーだったと記憶する。ネクタイも締めていたのではなかったか。妹が「サラリーマンみたい」と冷やかしていた。小柄だったのでまだ小学生のようだった。大丈夫かなあ、地元の子供らとうまくやっていけるかなあと少し心配にはなった。

 我慢強い息子は愚痴も何も言わず、広島弁の飛び交うクラスの最初の授業にも積極的に飛び込んでいった。健気に立ち向かう息子の姿に、親として有り難いと感じるものがあった。

 身長はそれほどないのにクラブ活動はバスケットボール部を選んだ。シカゴブルズのマイケル・ジョーダンが全盛期で、息子は憧れていたのだ。だが庚午中学のバスケット部は県内でも有数の強豪校だった。部員も3桁に近いほどいたと思う。1年生でもかなりうまい選手がいると息子は晩ご飯のときに話していた。レギュラーなどは至難で、補欠のその他大勢組かと思ったが口には出してはいけないだろうと、自制した。普段ならきっと軽口をたたいて冷やかしたのだが、そのときはしてはいない。

 結局、その学校には1年しかいず、息子は2年生になったとき、大磯の中学校へ転校することになる。短い庚午中学生活だったが、バスケットの対外試合で呉へ行ったことがあると家人から聞いた。親と離れて旅行する機会などなかったから、そういう行動もできるようになったかと少し嬉しかった。でも小柄なブレザーの少年が呉の港町に降り立ったときどんな気持ちでいたのだろう。ロケ車に揺られながら、遠い日のことに思いを馳せた。

 大磯へ移って2年も経たないうちに息子は急激に身長が伸びた。バスケットボールをやっていたおかげかな。今では1歳の男の子の父だ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません

人気blogランキング


# by yamato-y | 2019-03-18 23:57 | Comments(0)

冬の終わりに

冬の星座を愛おしみ

 音楽の教科書で6年生のときに覚えた曲「冬の星座」。

♪木枯らしとだえて さゆる空より

 地上に降りしく くすしき光よ

 ものみなねむれる しじまの中に

 きらめき揺れつつ 星座はめぐる

アメリカのヘイスが作曲したとネットには書かれてある。初めて知った。てっきりヨーロッパの曲だと思っていた。覚えた年の冬は寒く、庭のニセアカシアの裸木にかかる三日月が心に残った。

 さて、先日国会図書館から三田を経て高輪、白金、目黒と歩いて帰った夕方のこと。日は少し残っていたが夜空がダークブルーに染まって広がっていた。白金の傍を歩いているとき、高台にケヤキの美しいシルエットが見えて、思わずカメラを向けた。その写真を添付しておこう。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません

人気blogランキング

c0048132_22101294.jpg


# by yamato-y | 2019-03-11 22:08 | Comments(0)

若林暢の新しいアルバムから

 若林暢の新作

 会ったこともないし演奏を聴いたわけでもないのに、この人の人生と私の人生がどこかで交わり、気がついたら骨がらみで心を奪われていた。なぜこんなことが起きるのか。それが音楽というものの力なのだろうか。

 彼女が演奏するヴィエニヤフスキの「モスクワの思い出」がはっきり言ってどこがいいのか私は分からなかった。それよりもショーソンの詩曲やブラームスのヴァイオリンソナタのほうがずっと高尚で品がいい作品だと思っていた。(今もこれらの作品が悪い作品とは思わないが)

 でも若林暢財団の橋本さんは「モスクワの思い出」を高く評価していた。フシギだった。こんなロシア民謡の「赤いサラファン」を下敷きにしたような俗っぽい曲のどこがいいのか。

先日、あらためて聴いた。ぼんやりしていたが、これはピアノの伴奏以外誰もいない。つまり暢のヴァイオリンだけの演奏だ。私のなかで幾人かの演奏家が束になって作っている楽音だと思い込んでいたが、これは全部暢一人がやっているのだということに気がついて落ち着かなくなった。「そんな馬鹿な」「これほど厚みのある楽音が一人で奏でるなんて」「きっと録音でそういう処理をしているに違いない」。しかも音の“出方”だけではない。フレーズというか、音の段落でのサイレンスが素晴らしい。和風で言えば間の取り方。

 これは若林暢が一人で奏でている。それが可能な技量と表現できる感受性を持っているから、と再認識した。暢の魅力はアンドロギュノス、両性具有性だ。小学生時代健康優良児に選ばれただけあって、骨格の太い素晴らしい運動神経の持ち主。一方、心根はもろ少女。夢見る夢子さんであると同時に男勝りの決断力。そして一途な思い。

 今ひらめいたのだが、この人と同じ印象は、ロシア語通訳の米原万理から受けたことがある。一度だけ米原と仕事をしたことがあるが、その折に感じた印象が若林暢と重なった。そういえば米原もあふれる才能を未完のまま先年若くして死去した。

 この「モスクワの思い出」を作ったヴィエニヤフスキはどういうつもりで作ったのかしらむ。属国ポーランドの出身で、宗主国ロシアに出かけていったヴィエニヤフスキはけっしてロシアを許容していたとは思えない。むしろ憎んでいただろう。ではなぜその地へ行ったのか。

 たとえ憎い相手とはいえ、ロシア民族のその音楽への造詣は深いと知ったヴィエニヤフスキは虚心にロシア民族の音に耳を傾けたかったのであろう。やがて耳にした民謡「赤いサラファン」の平易でもの悲し気なメロディはスラブの民の悲しみを深々と表していると彼は感じとったと、私には想像できる。それをモチーフにさらにヴィエニヤフスキがモスクワで感じた体験を重ねて、あのように原曲を脱臼させながら進行していく「赤いサラファン」変奏曲が出来上がったのではないか。

 このヴィエニヤフスキの作為を暢は楽譜を見たときすぐ読み取った(感じとった)。俗謡独特のあまさがある主メロディをあえて壊さず、だが次第に広がっていく「人生の悲しみ」を把握したヴィエニヤフスキの曲を暢独特の感性で描ききった「モスクワの思い出」。

 再現芸術として、作者以上のものを付加して作り上げた若林暢の作品。

――「魂のヴァイオリニスト・甦る若林暢」が2019年早春の今ヒットしている。山野楽器のランキングでは、クィーンの「ボヘミアン・ラプソディー」に次いで2位だという。どんな人が聴いているのか、我が事のようで嬉しい。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません

人気blogランキング


# by yamato-y | 2019-03-08 22:34 | Comments(0)

冬の終わりに

冬の終わりの雨の日々

ここ23日冷たい雨の日が続いている。いったん仕舞ったダウンコートを引き出して、朝ジムに向かった。だが真冬と違って、200mほど小走りで行くと汗ばんでくる。やはり春が近づいているのだ。

 沈丁花が数日前から大気に漂っているのは気づいていた。だが花が見えない。まだあの堅苦しいサーモンピンクの刺々しい花は「可視化」していなかったが、本日白金の庭園美術館の前を通ると、まさに馥郁と香ってくる。見ると園内の前栽に沈丁花が存在を誇示していた。今年も会えたぞ。

「冬のソナタ」でもラスト近くの冬の終わりの場面は後味のいい懐かしい作り方をしていたなと想起する。いまの韓国の冬の終わりはPM2・5が降ってくることになってしまった。これじゃメロドラマなどにはなりようがない。15年足らずでずいぶん世界も自然も変わったと慨嘆。

朝の雨も昼過ぎには小やみになった。池田山界隈をぶらぶら歩くと、赤い大きな椿が道端にごろんと転がっている。いかにも重たげな花。

 嵩ありて真下に落つる椿かな 

 申告も終わったし、企画も採用されそうだし、来週には久しぶりに関西へロケに出ることもありそうだし、小生にも春が来るかな。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません

人気blogランキング


# by yamato-y | 2019-03-07 19:53 | Comments(0)

養生中

春隣

 3月に入って雨の日が続く。冷たいのだがどこか温みを感じる。春が近づいているのだろう。今朝、マンションのエレベーターにプラスチック建材のようなものが張り巡らされていた。エントランスにはその建材に「養生中」と注意書きがあった。いったいどういう意味か首を捻った。誰かマンションの住人で病気の人がいて、そのことを告知して騒音などを立てないようにというお願いなのだろうか。

 コンビニまで肉マンを買いに出て戻ると、管理人さんがいた。そこで疑問をぶつけてみた。

「誰かご病人でも出たのですか」

 気のいい管理人さんはわざわざその張り紙のところまで来て説明してくれた。

「引っ越し業者がエレベーターを傷つけないように、ああやって壁面をプラスチックの建材で覆うのですよ。その処置することをギョーカイ用語で養生中といいます」

 ふむ面白い。これまでものり面という建築用語やカーブを曲がるとき大きく膨らむという「警察用語」などを知って目からウロコだったが、今回もその一つ。でもよく見るとエレベーターはプラスチック建材でしっかり覆われて、まるで治療されている状態。あながち本来の意味と違っていないことに感心した。

 3月初旬、この時期の季語は冬と春の境目で微妙だ。春隣もそのひとつ。

春隣 茅屋住まひも養生中


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません

人気blogランキング


# by yamato-y | 2019-03-04 17:10 | Comments(0)

マイフェボリットシングス

マイフェボリットシングス――夕暮れ

夕暮れが好きだ。空いっぱいに紅に染める夕日、その最期に遭遇すると我が魂は千々に乱れ、上っ調子になっていく。夕暮れというのは時分を表す、夕焼けといえば空 を染める空間現象を指す、そういうこと以上を含みこんだ言葉として夕暮れ、西行の「しぎたつ沢の秋の夕暮れ」のような感じかな。この歌は長年住み慣れた大磯を舞台にして詠まれたものでなんとなく光景も目に浮かぶ。

 だが今は目黒の街中に住んで、あれとは違う冬の夕暮れが好きになった。寒さが厳しい夕暮れに見る夕焼けはひときわ赤く雄大だ。

白金から目黒駅に向かって歩くと、正面に夕日が落ちていく。その光芒が空いっぱいに広がると、ちょうど向き合った2つの高層ビルのフレームで切り取られる。すると夕焼けがそれまで以上に美しくなる。あらためて絵における枠の重要さを知る。

 残念なことに立ち止まって夕焼けに目を奪われる人は少ない。足早に家路を急ぐ勤め人ばかり。勿体ない。

 春になると夕もやがかかって日没の“激しさ”、滾るような情熱が減少する。それはそれで春風駘蕩、悪くはないが、やはり冬の夕暮れが好きだ。そういえば、小林勇の「夕焼け」というエッセーが好きだった。すっかり忘れていた。昔読んだ頃は晩年の小林の心境など対岸の火事にしか見ていなかった。今読むと身につまされるのだろうか。読み返したいようなしたくないような。でも人生の掉尾に夕焼けを思うというのはセンチメンタルと分かっていても共感する。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません

人気blogランキング


# by yamato-y | 2019-02-28 21:07 | Comments(0)

影の国2

影の国2

冬ソナを担当していた頃に書いた「影の国」というこのブログの記事を今でも読んでくれる人がいるようだ。私のブログの読書メーターに時々ひっかかる。それで久しぶりに自分の文章を読み返してすっかり当時の心境を思い出した。この記事に出てくる未亡人となった知人はその後かなり回復したとはいえ、未だに亡き夫を偲んでいて、昔の仲間とも会おうとしない。もう10年になろうとするのに。むろん日常の対話は普通になって感情を露わにすることもなくなったが、喪失の悲しみは癒えていない。
という話とは違うケースをこれから記す。

年来の俳句仲間のことだ。3年ほど前に伴侶を失った。一人で東京に暮らすことが苦しくなって東北の故郷へ戻った。実家に身を寄せたと聞いた。息災にやっているだろうと思っていたら、共通の友人が本日近況を伝えてくれた。なんと実家を飛び出し、赤帽の小型トラックに必要最小の家財だけ積んでフケたというのだ。家財というのはほとんど亡き伴侶の思い出の品々であったと共通の友人は慨嘆していた。どこへ行ったか家族も分からないそうだ。70の高齢者が一人でどうやって身過ぎを立てているのか。どうやって夜孤独に耐えているのか。心配だけでなくあわれに思えてならない。彼はまだ影の国に住んでいるのだろう。慰めてくれると思った故郷の「風景や人々」はすっかり変わっていたし、それどころか中原中也ではないが、「おまえは何をしてきたのだと、吹き来る風が」彼を責め苛むだであろう。
かつては俳味たっぷりの剽げた句を作る人であったが、今はすっかり笑いを失っているに違いない。相聞の苦悩は若い人だけのものでもない。否むしろ老人の苦悩のほうがリアルで切実のものがある。ことばは美しい影の国は、入り込むとなかなか脱けだすことの難しいディストピアなのだ。

みちのくや枯れ穂の先の溟き海
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません

人気blogランキング




# by yamato-y | 2019-02-23 16:51 | Comments(0)

やまだや

だんだん寝坊になり、歩くことに命を賭けている。
昨日も歩いた。目黒から水道橋に出て、後楽園の入り口からまず神保町へ向かう。古書街をおよそ3時間歩きまわる。夕方になって、神保町から後楽園を経由して春日まで歩く。そこで南北線で王子まで。王子でも約束の時間より1時間早くついたので、飛鳥山あたりを散策。すこし雨がぱらぱらと来た。
駅までもどり、前に一度だけ行った居酒屋やまだやに入り込む。午後6時過ぎ。
店内はもうすっかり出来上がっていて、老老男女が長机のこっちとあっちに分かれて座り、熱燗、ハイボール、焼酎お湯割りをそれぞれ飲んでいる。ときどきとなりの人と口を聞いているので友達かなと思うと、話の流れから他人同士と知れる。
 あっしも熱燗2合を頼む。肴はこはだ酢、これが田舎っぽい味でいい。次いでイカのリングフライ。アツアツがうまい。酒はすすむ。あまり飲むと、このあとの本席で酔った状態での参加にがなるから慎もうと思ってはいるのだが、手がさかづきを口に近づける。
ここんとこ、王子づいている。このひと月で3回も来た。駅前もこれといったものはないが、飲み屋のたたずまいが滅法いい。

そして、7時になったところで、本席へ移動。これが王子には不似合いなおしゃれなスタンド割烹。料理も美しく盛り付けがされていて、酒も福島の銘酒が添えられる。さきほどまでのヤマダヤと天と地ほど違う。ここでも御酒をしっかりいただき半酩酊。帰りにもう一軒寄って、京浜東北線に乗ったのは11時。中里、鴬谷、日暮里と町の灯をちらちら眺めて品川へ。山手線に乗り換え、本拠地目黒到着。時計の針はほぼてっぺん。

そのころになって、昼間神保町で見かけた吉野弘の初期の詩集(1500円)を買っておけばよかったと後悔しきり。立ち読みでさーっと読んだだけだが、たしか、エホバの証人の聖書訪問販売の若い女性を描いた作品が妙に心に残る。吉野さんの作品は一通り読んだつもりでいたが、まだ知らない作品があるのだと知った。驚いたのは表紙のウラに載った吉野さんの40歳ぐらいのときの肖像。痩せて鶴のような吉野さんばかり見てきたので、ころころ太っているのは珍しい。
 ついでにその詩集のウラの戸棚にあった半藤一利さんの荷風伝の冒頭の一章も思い出した。荷風は生前口癖のようにして「ぽっくり死にたいね」といったとか。誰だってそう思うだろうが、荷風はその通りになったと半藤さんは書いている。
うまくやったなあと舌打ちして、悪態をついてみたいオイラ。本日の歩数、21000歩。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません

人気blogランキング


# by yamato-y | 2019-02-21 20:27 | Comments(0)

ちょっとあったかいものが

ちょっとあったかいものが

 寒い日が続くし、特別なこともあるわけでなし、ただ日々を生きている、という感じかな。こうやって最後の日まで生きていくのだろうかと、半分自棄になったような気分の今日の午後。

 五反田の図書館まで白金の台地を下っていった。線路際の道路で親子連れ3人が前方にいた。お母さんが小さな娘を抱いて、5歳ぐらいの男の子がレジ袋を背負うような格好でよろよろ歩いていた。お母さんは女の子を抱えているから、お兄ちゃんに荷物を持たせていたのだろうと思う。

 追い越し様に、「お兄ちゃん、偉いね」と声をかけると、男の子はキョトーン。一拍遅れてお母さんが嬉しそうに、「えへへへへ」と笑う。さりげなく追い抜いていったけど、振り向くと男の子にお母さんは嬉しそうに何か言っていた。「あんた、よかったね。今褒められたんだよ」みたいな表情のお母さん。何かちょっと暖かいものが胸にぽっとともった、

夕方、行きつけの極安居酒屋へ行った。風が冷たくて、少しでも早く熱燗が飲みたかった。店に入るとまだ6時を回って客の姿もまばら。スイと書かれたネームプレートをつけた女性がとりあえず熱燗を持ってきてくれた。肴はどうしようか迷ったが、げそのホイール焼き300円を頼む。数分で品物が来た。

 熱燗をまた頼んだ、合計2本だ。大坂なおみの全豪オープンの決勝が店の大画面に映し出されている。気になって仕方が無い。でも最後まで見ていると、帰宅は9時近くになるので見るのを断念して、チェックアウトすることにした。

 レジに行くと、スイさんが手慣れた手つきで勘定書きを示す。「全部で972円です」と告げるスイさん。「日本語がうまくなったねえ」と褒めると、嬉しそうに歯ぐきを出して可愛く笑う。なんだか嬉しくなった。


そしてついさっき。大坂選手が全豪オープンで優勝した。やったあ。よかったね。表彰式のなおみを見ているが、仏頂面をしている。感動が強すぎてうまく自分の感情をコントロール出来ないのだろう。この無垢なところがとても好感する。加えて、このオープンで男子の錦織選手もよく戦った。あの5時間におよぶ死闘で心も体もボロボロになったことはよく理解できる。サッカーの大迫同様、宝であるあなたたちは十分治療休養をとって、これからに備えてほしい。目先のトロフィーより御身大切に。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません

人気blogランキング



# by yamato-y | 2019-01-26 20:23 | Comments(0)

おっちょんは我が家だけの言葉と思っていた

おっちょん

ある俳句誌で見つけた。

おっちょんも上手に出来て初勤行

二歳になるかならぬかの愛らしい小坊主がきちんとお座りして寒の厳しい中、経を詠んでいる。

幼児はお寺の跡取りらしい。きちんとお座りして朝のお勤めをすることが当面課題であったのだろう。新春の初おつとめのとき、やっとおっちょん(お座り)をしてお経を詠むことが出来たという年の初めの句だ。

おやおっちょんは我が家だけの言葉かと思っていたが、関西以西ではよく使われると知って、であるなら大津出身のおふくろがこの言葉を我が家に持ち込んだに違いない。ほっこりなんて言葉もそのデンで我が家では頻繁に使われたものだ。

 新生児が半年ほど過ぎるとお座りが出来るようになり、外部とのコミニュケーションもとれるようになると可愛らしさはいや増す。親たちはおっちょん出来ることを心待ちにしているのだ。

 年末年始は日本海側に大雪が降るらしい。一段と冷え込んで、今年の初勤行は厳しいだろう。小坊主よ、頑張れ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません

人気blogランキング




# by yamato-y | 2018-12-29 16:02 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧