人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

1ヒビ2タカ3サイフ

1ヒビ2タカ3サイフ

 半隠棲のくらしを送っていると、日々の変化などほとんどない。朝夕歩いて、昼間はパソコンか読書。朝のウォーキングで見かける軒先の花や草の咲いた枯れたが目に見える変化でしかない。

今朝はハナズオウの枯れ葉が見事に黒焦げになっているのに驚いた。枯れるとは焼かれるではないかと言いたいほどハナズオウの葉っぱが黒く縮こまっていた。今朝は寝坊して目覚めると720分。朝のウォーキングに出ると戻ってくる時刻は815分を過ぎるだろう。朝のテレビ小説を見逃すことになる。朝ウォーキングを始めて3か月半、一度も欠かしたことがなかったが、本日は中止してドラマ視聴にした。

 変化なしの暮らしでも見つけた出来事。まずヒビ。寒くなりはじめた先週から足のあかぎれがきつい。ひび割れして赤身が見えている。痛い。靴を履くときが一番痛い。かえって、生きているのだという実感を持つこともある。2つめは、野生のタカを目撃したこと。池田山公園の入り口で大きな羽ばたきに目を凝らすと翼を広げて低空を飛ぶタカを見た。そのまま私の右側の常緑樹の梢に留まった。1分ほど野生のタカを間近で見た。何かすごく得をした気分になった。

3つめは大崎警察からの電話で今年3月に紛失したサイフが届いているという知らせだ。すっかり忘れていた。奇特な方が今朝届けてくれたそうだ。所持金950円とスイカ。山を下って大崎署まで出かけた。落とし物係の女性に礼を言って大崎広小路に出た。交差点の一角に「王将」があった。小腹も空いたので、返還された950円でギョーザとチャーハンを食べた。風は冷たいが日差しがあった。青空も少し見えた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか

人気blogランキング 




# by yamato-y | 2021-11-29 20:55 | Comments(0)

Aさんの記念に

前回のAさんに宛てて書いた手紙の文章を記念にここに残しておこうと思った。
★            ★

 Aさん

  秋冷の候、お元気ですか。

当方も健康だけは保っております。外郭の会社の軒先を借りてほそぼそと企画を出してやってきたPD暮らしもいよいよ雇い止めになりまして、この春から完全退職者としてほぼ毎日自宅の自室にいるような暮らしをやっております。お伝えしたかもしれませんが、数年前から大磯と目黒の二重暮らしを止めて、目黒一本にしました。ここを起点にして毎日歩いております。「御徒組」です。渋谷まで6200歩、池尻大橋まで7000歩、五反田、品川まで4000歩、三田まで6000歩、時には大手町7200歩、神保町8500歩をノルマにして右往左往しております。

 コロナが始まりまして、めっきり人付き合いが減りました。Yさんも奥様を亡くして一人暮らしが不便となり川崎のマンションに移転され、会う機会が無くなりました。時折電話で消息を伺うような次第です。ということで再開されて動き出した美術館や歌舞伎座の催事も一人で行っております。昨日も日比谷の図書文化館で開かれている「江戸から東京へ・千代田の風景」展を見てきました。客は高齢者ばかりで静かで居心地は悪くありませんでした。この秋の最大の好事は東京美術倶楽部が催した「美のまなざし」展でした。さすが画商たちの展覧会ですから、実物のすぐ傍で鑑賞できまして、前から好きだった浦上玉堂の山水をじっくり見ることが出来ました。他に良寛や光琳の書や短冊があって贅沢なものでした。

 山茶花が咲く時期になりました。冬に向います。コロナもまだ油断は出来ない様子です。くれぐれもご自愛ください。

★            ★

結局、この手紙はAさんに届かず、奥様から返事が来た。奥様はこの手紙をお位牌の前で大きな声で読んでくださったそうです。有難かった。それにしてもこの暮れは訃音が多い。少し淋しい秋です。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか

人気blogランキング 

 


# by yamato-y | 2021-11-27 12:19 | Comments(0)

秋日和

秋日和

昨日今日と秋晴れだ。昨日は31841歩、249キロ歩いた。目黒→高輪ゲートウェイ、両国→本所松坂町、両国から隅田川を渡り浅草橋、神田。そこから東京駅とほっこりするほど歩いた。

 両国は墓参だ。新人時代にお世話になったAさんのお墓に行った。去年から家電話にかけていたが繋がらず、高齢なので心配していた。4日前、手紙を書いたところ奥様から速達で返事が届いた。嫌な予感がして封を切ると、案の定ご本人は712日に昇天していた。コロナ大流行のなか、家族だけの密葬を行ったという報告であった。享年92,まあ大往生かもしれない。

 Aさんは下町出身の江戸っ子で洒脱でお洒落だった。口数は少なく、人の話をよく聴く人だった。噂では父上は三味奏者だったようで、自身も爪弾くことがあった。とにかく酒の飲み方は美しく、笑みを絶やさず盃をゆったり口にしていた。幼児のための音楽番組のチーフだったので、好きな歌は「雨の遊園地」と「北風小僧の勘太郎」。大人の歌は知らないし言わない。カラオケはいっさいやらない。好きな草花はエビネ蘭。

 結婚して大船に50年住んだ。鎌倉が好きで休日はいつもお寺回りをしていた。江戸文化に詳しく、愛読するのは三田村鳶魚だった。意外にも半村良のSFがお気に入りだった。

 お墓は回向院の裏手にある西光寺にあった。JRの駅から徒歩8分。浄土宗の由緒あるお寺で演劇関係のお墓が多い。大きな銀杏があってすっかり黄葉していた。手を合わせて、「Aさん、長い間本当にお世話になりました」とお礼を申し上げた。

 「深誉勇覚信士」という新しい戒名が彫り込まれた墓石をそっと撫でた。Aさんが笑った気がした。

帰路、隅田川を渡るとき、都鳥を数羽見た。空はどこまでも高く川面はどこまでも青かった。

 秋日和ひしめく青の隅田川


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか

人気blogランキング 


# by yamato-y | 2021-11-14 11:51 | Comments(0)

「僕とオトウト」の監督さん

 晩秋か初冬か、早朝のウォーキングで考えていたこと

あまり、ブログをこういう形で使わないほうがいいと思うが、小生パソコンのやり方が不得意で、頂いたコメントに簡単に返事することができないので、10月20日の欄をそれにあてたいと思う。
 ★   ★
 大学院生の方がドキュメンタリーを作ったということ。手仕事で上映するほどのクオリティを持つ作品ということであれば見てみたい。2年前に完全にフリーになってほとんど作品を作る機会がなくなった。今は40年間作ってきた作品の取材ノートを、文章化する作業にもっぱら力を入れている。でもやはり映像が恋しい。
 この方は民生用のカメラを使ったのかな、それともスマホかな。今のスマホの能力はとても高い。私の新人時代の2インチのカメラなどをはるかに上回る映像解度があるから。カメラはよくなっているが、音声がまだ簡便に録れる機材がないと思う。そこをどうやって工夫したのか、知りたい。
 でも何より主題と内容がもっとも知りたい点だ。
どうしたら、この監督と繋がることができるかなあ。

 ★   ★
秋の花にずっと惹かれている。百日紅、萩、朝顔、木槿。ずっと花が夏の終わりからあったが、週末の寒波でいっきに花が消えていく。それでも百日紅、萩は萎れても花として残っている。分かったよ、もういいよ。楽になりなよと声をかけてやりたい。
 
 ★   ★
早朝ウォーキングの定番コース、白金ラビリンス。今朝、エリア内に6つお寺が並ぶ寺町であることに気づいた。江戸の大火事で下町にあった寺がこの白金の地に遷ってきたという。その一つ清岸寺に樹齢250年の桜があった。人工育成の染井吉野ではない。染井吉野であれば樹齢はせいぜい150年ほどだ。この古木がどんな花を咲かすのか、来春が楽しみになった。

 ★   ★
大江文学は分かりにくいと言われる。たしかにそういう面はあるが、短編に定評を裏切るような切れ味のよい作品がいくつもある。私は短編作家の大江が好きだ。お勧めは、「新しい人よ眼ざめよ」、「『雨の木』を聴く女たち」。

# by yamato-y | 2021-10-20 13:13 | Comments(1)

ねむの木

ねむの木


夕方、残暑きびしいなか白金ラビリンスを縫って五反田に向かった。白金ラビリンスとは朝のウォーキングコースのひとつで、白金台の西端の崖線から五反田高台池田山の間にある谷間を指す。ここは5年前まで通った明治学院大学までの近道として入り込んだことがあって、方角である程度予想して分け入ったのだが、坂道と路地がいくつもあり完全に道を失ったことがある。谷間にはNTT関東病院の巨大な建物や池田山公園など目印となるものは少なくないのだが、いったん入り込むとまったく土地勘が効かない。そこで白金ラビリンス(迷宮)と私は名付けた。一か月前に痴呆の疑いが出たとき、医者から朝の30分運動を進められ、6つのコースを定めて実践してきたが、白金ラビリンスコースがその白眉のコースになっている。朝6時半、この谷間におりていくとき対面から朝日がある。遠く東京タワーが見える。右手の崖に池田山公園の緑が濃い。降りきるとNTT病院がある。そこから反対側の崖にあがり、やがて白金通りの裏道に入るというコースだ。住宅地で商店がなく朝は人っ子が見当たらず実に快適だ。実践して30日になろうとしているが、3回に1回はこのコースにしている。

そのコースを使って、夕方五反田の東急ストアに焼き鳥を買いに出かけた。5本入り380円のめちゃお得なつまみなのだ。大崎図書館の帰りにこのネタを見つけた。それが無性に食べたくなり、自宅から五反田駅までの最短を調べると、どうやら池田山越えだということが分かった。万歩計をセットして歩いた。1200歩、あるいて5分ほどで、お屋敷町に入る。たった800mの距離だ。その突き当りにオープンガーデン「ねむの木の庭」があった。閉園間際にすべりこんだ。庭の中央に大きな木がある。庭の係の人にこの木がねむですかと聞いた。そうだという。6月頃に花が咲くらしい。どんな花ですかと尋ねると、枝の先に薄赤く金色に光る羽のような花を指して、「これです」と言って教えてくれた。いつもの夏ならとっくに花は終わっているのだが、今年の長雨で花が残ったらしい。頭上2mの花を詳しくは見ることはできないが、その穏やかな薄紅色が夕日に映えて美しかった。

 この庭は美智子妃の実家の跡地だ。思ったほど広くない敷地の中央にそのねむの木はゆったりと葉を茂らせていた。

今、若き日の美智子妃の相談相手であった神谷美恵子のことを考えている最中だったので、この庭に出会ったのは僥倖であった。秋分の日の出来事である。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか

人気blogランキング 


# by yamato-y | 2021-09-23 22:05 | Comments(2)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧