定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

のど自慢の思い出

2月7日 のど自慢の思い出

昨日の「NHKのど自慢」鳥取大会を見ていて、最後の演奏者紹介でシンセサイザー奏者がよく知っている女性だったので驚いた。10年前私が広島の局で番組を作っていたとき、いっしょに働いていたプレイヤーだ。その彼女から今年の正月3日に突然電話をもらったことを思い出した。バンドリーダーのトヨさんが2日に亡くなったという知らせを彼女は伝えてきたのである。
 最初彼女が姓を名乗ったとき一瞬誰だか分からなかったが、トヨさんといっしょに働いていましたと聞いて思い出した。そしてその訃報におどろいた。たしかトヨさんは私と同年の57歳。まだ天寿を全うする歳ではないはずだ。
 すい臓がんだった。2年前に胃がんになりその後仕事を控えながら病と闘ってきたがついに倒れたという。葬儀は翌日だと彼女は告げた。
 1月4日早朝、ANAで羽田から広島へ向かった。午後1時からの葬儀に間に合った。会場には100名あまりの参列者がいて、顔見知りが数人いた。最後の棺を蓋う前にお顔を見たとたん、そのやつれてはいるものの若々しさを残したトヨさんの姿にこみあげるものを抑えることができなかった。
 トヨさんは広島を中心に中国地方を拠点として活動する音楽事務所を営んでいた。自身もうまいドラマーでバンドリーダーを勤めていた。芸能界に身をおく人とは思えない質実で謹直な人だった。たしか趣味は魚つりで暇があると瀬戸内海へ出かけていた。私は芸能畑の者ではないが、当時中国地方の番組制作統括ということで、管内で開かれるのど自慢などには現地に足を運んでいた。めったに音楽イベントなどない地方の市町村へ行くと、楽しみに待っていてくれるお年よりの顔を見るのが私自身好きだったのだ。
 のど自慢の本番が終わった後、プレイヤーや番組スタッフと打ち上げを兼ねて居酒屋でいっぱいやったものだ。そういう折トヨさんは寡黙でニコニコ笑って杯をくいっくいっと空けていた。呑んでも乱れない人だった。
 仕事がゆきずまって悩んでいたときもトヨさんに助けてもらったことも何度かあった。その後広島を離れ東京へ戻って1月足らずで私が脳出血を発症し再起不能かと噂されたときも、励ましの手紙をトヨさんからもらった。目立たずさりげなく私をサポートしていてくれたんだと、改めて実感し、斎場であふれ出る感情を止めることができなかった。
 のど自慢鳥取大会、ドラムの席に若い奏者が座っているのを見て、トヨさんのことを思い出した。
[PR]
# by yamato-y | 2005-02-07 11:54 | Comments(0)

冬のソナタ ユン・ソクホ監督

2月6日  冬のソナタの巨匠――ユン・ソクホ監督

 私の退職祝いにと高麗青磁のポットをユン監督からいただいた。以前、私は「冬のソナタ」を評して、まるで高麗青磁のように繊細で優美だと讃えたことを覚えておいてくれたのだろうか。嬉しい。わざわざ海を隔てて遠く離れた一(イチ)プロデューサーのために配慮してくれたことが本当に嬉しい。
 昨年のちょうど今ごろだった。仕事の割り振りを決める担当部長が3月の特番プロデューサーの人選で悩んでいたとき、たまたま通りかかった私が春まで余裕があるからやろうかと声をかけたのは。それが「冬ソナ」と私の出会い。その特集は4月から始まる韓国ドラマを盛り上げるような内容にしてほしいというNHKの意向だった。それ以降暮れまでに私は4本の特番を作ることになるとは当時思いもよらなかった。
 3月の特集「冬のソナタへようこそ」で特別ゲストとして、チェ・ジウさんと共に参加してくれたのがユン監督だ。おだやかで上品な監督は私より年少だが才能があふれていて、私は敬愛した。人の心とりわけ痛みや哀しみをよく分かる人だった。それまで私が抱いていた情熱的で激しいという韓国人のイメージをガラリと変えた人柄だった。
 初めはこの特集だけのつもりが、ドラマ「冬のソナタ」が話題になるにつれ、「素顔のペ・ヨンジュン」「グランドフィナーレ」「もっと知りたい冬のソナタ」と続いて私は制作することになり、4本のうち3回もユン監督に出演してもらった。グランドフィナーレのステージでは日本のソナチアン(冬ソナファンを私はこう命名した)を感極まったユン監督が抱き包んであげたことは、日本の視聴者に監督の優しい人柄を認識させ、深い感銘を与えて話題になった。

 監督は今「韓国四季4部作」の最終作の準備にはいっている。「秋の童話」「夏の香り」「冬のソナタ」に続いて「春の**」である。今年の春から撮影を開始して来春まで追っかけて韓国でまず2006年に放映するそうだ。私も少しだけストーリーを教えてもらったが、韓国南部の島々から始まってソウルでの再会、そして…。物語は、その人といた春が懐かしい、という想いを中心に流れていく。少し聞いただけでも十分期待できるストーリーだが詳しくはこの段階では書けない。キャスティングがまもなく発表されるだろうが誰が主役を演ずるのか、今韓国の芸能界でも最大の関心を集めている。この物語のポイント、それはハッピーな恋の物語になるということだ。春にふさわしく希望にあふれた結末にしたいと、ユン監督は考えているようだ。前作の冬はともかく秋、夏は悲しい結末となっていたが今回はそうではないらしい。むろん、20話も続く物語の中では別れあり悲しみありのユンマジックが発揮されるのは言うまでもないことだが。
 監督がポツリともらした言葉が心に残る。「恋って不思議なものですね、人はなぜ人を好きになるのでしょうか」48歳になるユン監督の言葉だ。私は彼のことを少年のような中年ではなく、「少女のような中年」と心秘かに呼んでいる。という理由の一つは、監督は日本でよく女の子たちが行くファンシーショップを歩き回るのが好きなのだ。可愛い小物を見つけると目を輝かし無邪気に喜ぶ。しばらくするとそれはドラマの大事な小道具になっているということが多く、どこまで趣味でどこから仕事か分からないというところはあるのだが、監督は乙女心を持っていると私は思う。「ポラリスネックレス」もそういう監督の感覚から誕生したのだ。
 さて次回作「春の**」では、どんな小道具と素晴らしいせりふが飛び出してくるのやら、大いに期待したい。

人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-02-06 23:17 | 冬のソナタの秘密 | Comments(4)

冬のソナタからの呼び声

 冬のソナタからの呼び声

 昨年、私のディレクター、プロデューサー人生の中でも異例のことが起こった。
ずっと、硬いドキュメンタリーを制作してきた私に、とんでもない企画が舞い込んだ。
「冬のソナタ」だ。ちょうど1年前、偶然から「冬のソナタ」の特集番組をつくることになった。この間のいきさつは、岩波ブックレット『冬のソナタから考える』に書いたので、関心があったら、そちらを読んでみてください。
この仕事で昨年だけで、韓国へ3回行った。ユン・ソクホ監督を始め沢山の友達ができた。その中で、一番仲良くなったのは、コーディネーターのホンさんだ。ホンさんは日本の大学を卒業していて言葉は堪能。加えて、ドキュメンタリーの番組に関わってきたので、私と話があった。互いにドラマや芸能番組は初めての体験だったので、教えあって1年間に四本の特集を制作した。
 ナミソムの並木道に最初に行ったときは、わずかに雪があった。そして最後に秋に訪れたとき、落葉で風情があった。秋は「もっと知りたい冬のソナタ」で、現地で収録したのだが、本番の前の夜、みんなで焚き火を囲んで話し合った。その夜の星の大きかったこと。ユンさんやホンさんと熱く番組やドラマや映画について語ったことがなつかしい。
 そのホンさんから、1月31日、私の退職の日にお花が届いた。これからも友情をあつくもってやっていきましょう、という嬉しい言葉が添えられていた。
2月1日にホンさんから電話があった。31日のお花の礼を言って、そちらの気温はいかがと聞くと、体感温度マイナス20度と言うではないか。吃驚仰天。
 でも、電話の向こうに、寒い国だが暖かい心を持った友達がいるんだと思うと嬉しかった。


人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-02-01 17:28 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)

定年再出発

定年再出発


あいさつ

私は昨日1月31日で定年退職しまして、本日2月1日より新しい身分で出発する者です。
これを機に、自分の人生を積極的に送り出してみたいと思い、このブログを立ち上げました。題して「定年再出発」
本日は記念すべき第1日です。だからまず一日目の足跡を残しておこうと思います。
 ――旧知に向けて、定年退職の挨拶状の文面を作りました。私の輪郭を知っていただくために以下引用します。

 定年やむかしつもりて春隣り
 一月三十一日に、NHKを定年退職いたしました。一九七〇年に入局しまして、三四年数ヶ月在職したことになります。
 大阪局を振り出しに東京、長崎、東京、広島、東京という転勤をくりかえしました。住んだ土地がなつかしく思えます。八尾、王寺、神戸の住吉、芦屋、荻窪、武蔵小杉、長崎の住吉、成増、広島の庚午、そして大磯。
 番組作りの現場にずっといられたことを感謝しています。長崎、広島で働くことができ、
大江さんとご一緒できましたことは何より大きな喜びでした。
 四七歳脳出血を発症したとき、「終わった」と嘆きましたが、命ながらえて元通り番組を作り続けることができました。十年経ってこの日をむかえますと、感慨もひとしおです。
 まだ終わったわけではありません。これからはNHKエンタープライズ21の社員として、今までと変わらず番組を制作していきます。むしろ、このNHK定年を中仕切りとして、後期の仕事を本格発動したいと願っています。どうか、これからもよろしくお願いします。
    
 
人気blogランキング
    
 
[PR]
# by yamato-y | 2005-02-01 16:57 | Comments(19)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧